Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岐阜うちわ(ぎふうちわ)は、岐阜県岐阜市特産のうちわ。岐阜の伝統工芸の一つで、室町時代にはその記述がある歴史のあるうちわ。長良川鵜飼の観光客用の土産品として作り始めたのが起源といわれている。岐阜は盆地で四方を山で囲まれその裾野には良質の竹が群生していたことと、江戸時代より長良川の重要な港町として奥美濃から美濃和紙の陸揚げが多くあり問屋町として栄えていたため定着したと考えられる。現在の岐阜うちわは明治時代中頃に京都深草より暖簾分けにて生産を始めた「住井冨次郎商店」のうちわで、住井冨次郎商店は岐阜で残る唯一の岐阜うちわ専業店である。現在でも明治時代の問屋町の面影が残る川原町界隈で生産を行っている。 1992年(平成4年)3月30日に岐阜県郷土工芸品に指定されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1132050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57549981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 岐阜うちわ(ぎふうちわ)は、岐阜県岐阜市特産のうちわ。岐阜の伝統工芸の一つで、室町時代にはその記述がある歴史のあるうちわ。長良川鵜飼の観光客用の土産品として作り始めたのが起源といわれている。岐阜は盆地で四方を山で囲まれその裾野には良質の竹が群生していたことと、江戸時代より長良川の重要な港町として奥美濃から美濃和紙の陸揚げが多くあり問屋町として栄えていたため定着したと考えられる。現在の岐阜うちわは明治時代中頃に京都深草より暖簾分けにて生産を始めた「住井冨次郎商店」のうちわで、住井冨次郎商店は岐阜で残る唯一の岐阜うちわ専業店である。現在でも明治時代の問屋町の面影が残る川原町界隈で生産を行っている。 1992年(平成4年)3月30日に岐阜県郷土工芸品に指定されている。
rdfs:label
  • 岐阜うちわ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of