Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山鹿 旗之進(やまが はたのしん、1860年2月16日〈安政7年1月25日〉 - 1954年4月1日)は、日本のメソジストの牧師、教育者。文筆家である。万延元年(1860年)に弘前藩の江戸藩邸に生まれる。津軽に帰郷し藩学を経て、東奥義塾に入り、ジョン・イングと本多庸一の指導を受ける。1877年(明治10年)、イングより洗礼を受ける。弘前教会資産係を経て、勧士になる。1879年、横浜山手神学校の開校と同時に入学する。1887年に東京英和学校を卒業すると、母校の教師になる。1887年、長老の按手礼を受け、名古屋中央教会に赴任し、岐阜、高山の開拓伝道を行う。名古屋清流女学校の創設にも関わる。1889年、中央教会会堂建設に協力、1890年に渡米しドルー神学校を卒業し、1893年に帰国する。名古屋第一教会(現、広路教会)の基礎を築いて、1895年に横浜教会(現・日本基督教団横浜上原教会)、神奈川教会、鎌倉教会に移った。1903年に九段教会(現、日本基督教団九段教会)に赴任する。1914年には横浜聖経女学校の教頭になる。1923年教師を引退し、横浜の神奈川に住んで文筆活動を行った。『六合雑誌』、『福音新報』、『教界時報』、『護教』、などに寄稿した。山鹿素行の直系。渡辺美佐 (芸能事務所社長)は孫にあたる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2849028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53707646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山鹿 旗之進(やまが はたのしん、1860年2月16日〈安政7年1月25日〉 - 1954年4月1日)は、日本のメソジストの牧師、教育者。文筆家である。万延元年(1860年)に弘前藩の江戸藩邸に生まれる。津軽に帰郷し藩学を経て、東奥義塾に入り、ジョン・イングと本多庸一の指導を受ける。1877年(明治10年)、イングより洗礼を受ける。弘前教会資産係を経て、勧士になる。1879年、横浜山手神学校の開校と同時に入学する。1887年に東京英和学校を卒業すると、母校の教師になる。1887年、長老の按手礼を受け、名古屋中央教会に赴任し、岐阜、高山の開拓伝道を行う。名古屋清流女学校の創設にも関わる。1889年、中央教会会堂建設に協力、1890年に渡米しドルー神学校を卒業し、1893年に帰国する。名古屋第一教会(現、広路教会)の基礎を築いて、1895年に横浜教会(現・日本基督教団横浜上原教会)、神奈川教会、鎌倉教会に移った。1903年に九段教会(現、日本基督教団九段教会)に赴任する。1914年には横浜聖経女学校の教頭になる。1923年教師を引退し、横浜の神奈川に住んで文筆活動を行った。『六合雑誌』、『福音新報』、『教界時報』、『護教』、などに寄稿した。山鹿素行の直系。渡辺美佐 (芸能事務所社長)は孫にあたる。
rdfs:label
  • 山鹿旗之進
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of