Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山陽電気鉄道3000系電車(さんようでんきてつどう3000けいでんしゃ)は、1964年から導入された山陽電気鉄道の通勤形電車である。神戸高速鉄道開業に伴う車両所要数の増大に対応して、3次に分けて1971年までに64両が製造された。なお、1972年から1985年にかけて冷房装置を搭載して製造された改良系列の3050系や、この3050系を基本に当初6両編成化実現のための増結用として計画された3100系、3000系の車体に2000系由来の主電動機を組み合わせた3200形といった派生系列・形式各種についても、本項にて記述する。山陽電気鉄道では車両の形式称号について書類上は「クモハ」や「モハ」などの車種を示す記号を用いているが、現車では車内を含め一切表記しておらず、また車両番号が重複しないよう同一数字を用いる形式では奇数・偶数で車種を分けて管理している。このため、本記事の以下の記述では、車種構成の項以外についてはこれらの記号を基本的に省略し、必要に応じて (M'c) や (M) などの略記号を付して解説する。また、本項では解説の便宜上、神戸(西代・神戸三宮)寄り先頭車の車両番号+F(Formation=編成の略)を編成名として記述(例:3066以下4両編成=3066F)する。
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 125049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58900626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主電動機
prop-ja:出力
  • 110 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:制御装置
  • 直並列界磁制御(抵抗制御)総括制御方式発電制動応荷重ブレーキ付き
  • 直並列界磁制御(抵抗制御)総括制御方式発電制動応荷重ブレーキ付き KMC-201
  • 直並列界磁制御(抵抗制御)総括制御方式発電制動応荷重ブレーキ付き 川崎電機製造→富士電機KMC-201
prop-ja:最高速度
  • 100 (xsd:integer)
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 4.390000 (xsd:double)
  • 5.470000 (xsd:double)
prop-ja:減速度(常用最大)_
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Sanden3000n-1.jpg
  • Sanyo 3633.jpg
  • Sanyo-3200Series.jpg
prop-ja:画像説明
  • 3050 (xsd:integer)
  • 3200 (xsd:integer)
  • 東二見車庫(一般公開時に撮影)
prop-ja:社色
  • #fa2b08
prop-ja:編成
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:起動加速度
  • 2.400000 (xsd:double)
prop-ja:車両名
  • 山陽電気鉄道3000系電車
  • 山陽電気鉄道3050系電車
  • 山陽電気鉄道3200形電車
prop-ja:車体材質
prop-ja:軌間
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500V
  • (架空電車線方式) 
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 山陽電気鉄道3000系電車(さんようでんきてつどう3000けいでんしゃ)は、1964年から導入された山陽電気鉄道の通勤形電車である。神戸高速鉄道開業に伴う車両所要数の増大に対応して、3次に分けて1971年までに64両が製造された。なお、1972年から1985年にかけて冷房装置を搭載して製造された改良系列の3050系や、この3050系を基本に当初6両編成化実現のための増結用として計画された3100系、3000系の車体に2000系由来の主電動機を組み合わせた3200形といった派生系列・形式各種についても、本項にて記述する。山陽電気鉄道では車両の形式称号について書類上は「クモハ」や「モハ」などの車種を示す記号を用いているが、現車では車内を含め一切表記しておらず、また車両番号が重複しないよう同一数字を用いる形式では奇数・偶数で車種を分けて管理している。このため、本記事の以下の記述では、車種構成の項以外についてはこれらの記号を基本的に省略し、必要に応じて (M'c) や (M) などの略記号を付して解説する。また、本項では解説の便宜上、神戸(西代・神戸三宮)寄り先頭車の車両番号+F(Formation=編成の略)を編成名として記述(例:3066以下4両編成=3066F)する。
rdfs:label
  • 山陽電気鉄道3000系電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 山陽電気鉄道3000系電車
  • 山陽電気鉄道3050系電車
  • 山陽電気鉄道3200形電車
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of