Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山田 清三郎(やまだ せいざぶろう、1896年6月16日 - 1987年9月30日)は、日本の小説家、評論家。京都市生まれ。小学校中退後、さまざまな職を転々とする。1922年『新興文学』を創刊、のち小牧近江らの『種蒔く人』同人となり、以後プロレタリア文学の作家として活躍する。戦時中は転向し、満州国にわたり、大東亜文学者大会にも参加した。戦後は民主主義作家として活動し、プロレタリア文学史の研究、回想記の記述につとめた。また、白鳥事件を冤罪と見る立場から活動し、その件の著書もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2069378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56974360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山田 清三郎(やまだ せいざぶろう、1896年6月16日 - 1987年9月30日)は、日本の小説家、評論家。京都市生まれ。小学校中退後、さまざまな職を転々とする。1922年『新興文学』を創刊、のち小牧近江らの『種蒔く人』同人となり、以後プロレタリア文学の作家として活躍する。戦時中は転向し、満州国にわたり、大東亜文学者大会にも参加した。戦後は民主主義作家として活動し、プロレタリア文学史の研究、回想記の記述につとめた。また、白鳥事件を冤罪と見る立場から活動し、その件の著書もある。
rdfs:label
  • 山田清三郎 (作家)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of