Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山本 平一(やまもと へいいち、生年不詳 - 慶長10年5月13日(1605年6月29日))は、戦国時代の武将・江戸時代の旗本。徳川直臣で伏見城在番。甲斐武田氏家臣山本十左衛門尉の嫡男。通称は平一郎、諱は幸明か。兄弟に素一郎、弥八郎、三郎右衛門(三代菅助)。父の十左衛門尉は饗庭氏の出自で、天文20年(1551年)に男子のいなかった初代山本菅助(勘助)の養子となる。その後天文22年(1553年)に初代菅助に男子が生まれたが(二代菅助)、二代菅助は天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて戦死し、山本家を継ぐ。天正10年(1582年)3月、主家武田家の滅亡後は十左衛門尉とともに甲斐を領有した徳川家康に仕える。十左衛門尉は慶長2年に死去し平一が山本家を継ぎ、慶長9年(1604年)には家康次男結城秀康を見舞い、礼状を受けている(『真下家所蔵文書』)。慶長10年(1605年)5月13日に伏見において死去する(『沼津山本家文書』)。平一には子が無く、弟の素一郎、弥八郎も相次いで死去したため山本家は浪人となるが、寛永10年(1633年)末弟の三郎右衛門が淀藩主永井尚政に仕官し、さらに天和2年(1682年)に三郎右衛門の子孫四代菅助が常陸土浦藩主松平信興に仕官し、明治維新に至る。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2788904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59043821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山本 平一(やまもと へいいち、生年不詳 - 慶長10年5月13日(1605年6月29日))は、戦国時代の武将・江戸時代の旗本。徳川直臣で伏見城在番。甲斐武田氏家臣山本十左衛門尉の嫡男。通称は平一郎、諱は幸明か。兄弟に素一郎、弥八郎、三郎右衛門(三代菅助)。父の十左衛門尉は饗庭氏の出自で、天文20年(1551年)に男子のいなかった初代山本菅助(勘助)の養子となる。その後天文22年(1553年)に初代菅助に男子が生まれたが(二代菅助)、二代菅助は天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて戦死し、山本家を継ぐ。天正10年(1582年)3月、主家武田家の滅亡後は十左衛門尉とともに甲斐を領有した徳川家康に仕える。十左衛門尉は慶長2年に死去し平一が山本家を継ぎ、慶長9年(1604年)には家康次男結城秀康を見舞い、礼状を受けている(『真下家所蔵文書』)。慶長10年(1605年)5月13日に伏見において死去する(『沼津山本家文書』)。平一には子が無く、弟の素一郎、弥八郎も相次いで死去したため山本家は浪人となるが、寛永10年(1633年)末弟の三郎右衛門が淀藩主永井尚政に仕官し、さらに天和2年(1682年)に三郎右衛門の子孫四代菅助が常陸土浦藩主松平信興に仕官し、明治維新に至る。
rdfs:label
  • 山本平一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of