Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山巓毛(さんてぃんもう)は、沖縄県糸満市糸満町端の糸満ロータリー北北東、糸満警察署町端交番後方にある、標高約25メートルの石灰岩丘陵、戦跡。三山時代の1429年、南山最後の王・他魯毎が、中山の尚巴志王の攻撃を受け、妻子とともに自害した場所でもある。糸満ハーレーが行なわれる糸満漁港の向かい側に立地し、現在は展望台・公園がある。2006年2月、「山巓毛と白銀堂」として、水産庁により「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1162961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56479661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山巓毛(さんてぃんもう)は、沖縄県糸満市糸満町端の糸満ロータリー北北東、糸満警察署町端交番後方にある、標高約25メートルの石灰岩丘陵、戦跡。三山時代の1429年、南山最後の王・他魯毎が、中山の尚巴志王の攻撃を受け、妻子とともに自害した場所でもある。糸満ハーレーが行なわれる糸満漁港の向かい側に立地し、現在は展望台・公園がある。2006年2月、「山巓毛と白銀堂」として、水産庁により「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定された。
rdfs:label
  • 山巓毛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of