Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山崎氏(やまざきし)近江国の一族。佐々木氏の一族で山崎片家が六角氏・織田信長・豊臣秀吉に仕え三田藩の領主に、その後嫡男の山崎家盛は因幡国若桜藩へ。山崎家治が大幅加増転封され讃岐国丸亀藩へ。山崎治頼まで丸亀藩藩主として3代続くが無嗣断絶で改易となった。最後の藩主山崎治頼の叔父である山崎豊治が5000石分知されていたため、幕府から旧領・備中国川上郡成羽5000石を与えられて、交代寄合として明治維新まで血筋を絶やすことなく続いている。越前国の一族。赤松氏の一族で、『山崎家譜』によれば、赤松則村の子赤松氏範の子孫の肥前守某が山城国山崎村に定住し村名をもって姓にしたと伝える。その七世の孫、長時に至って越前に下り朝倉孝景に仕えた。朝倉氏と共に滅亡したが、生き残りの長徳が明智光秀に仕えたが明智も山崎の戦いで敗れ、その後佐久間安次に仕え、柴田氏が北の庄城で滅亡すると、前田利長仕えた。以後、子孫は前田氏の重臣として明治まで続いた。駿河国相模国の一族。藤原氏の一族で、室町末期に京より甲斐の武田家・駿河の今川家や庇護を受け下野。その後一族が今川氏より駿河府中近郊に領地を与えられ静岡で在郷化し土着。庇護を受けていた本家筋は今川氏の滅亡後、徳川氏の庇護へ。その後、後北条氏滅亡後の荒廃していた御厨地方奥地を郎党を率いて開発し移住。その地方の小田原藩の年貢を管理する大庄屋に。一族は名前を変え、朗党は山崎一党として周辺地域へ移住。山崎パンの名前の由来になった山崎もこの周辺地域の丹沢湖のある河内川へ進出した朗党の子孫。薩摩国の一族。伊佐郡山崎郷。応永年間に祁答院重茂の三男重道が山崎を領して山崎氏と名乗ったと言われているが祁答院氏の没落と共にその地からいなくなる。祁答院氏は島津氏に敗れ大友氏を頼って日向・豊後へ。武蔵国の一族。小野姓横山党の一族。 __DISAMBIG__
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1101580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56573008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
rdfs:comment
  • 山崎氏(やまざきし)近江国の一族。佐々木氏の一族で山崎片家が六角氏・織田信長・豊臣秀吉に仕え三田藩の領主に、その後嫡男の山崎家盛は因幡国若桜藩へ。山崎家治が大幅加増転封され讃岐国丸亀藩へ。山崎治頼まで丸亀藩藩主として3代続くが無嗣断絶で改易となった。最後の藩主山崎治頼の叔父である山崎豊治が5000石分知されていたため、幕府から旧領・備中国川上郡成羽5000石を与えられて、交代寄合として明治維新まで血筋を絶やすことなく続いている。越前国の一族。赤松氏の一族で、『山崎家譜』によれば、赤松則村の子赤松氏範の子孫の肥前守某が山城国山崎村に定住し村名をもって姓にしたと伝える。その七世の孫、長時に至って越前に下り朝倉孝景に仕えた。朝倉氏と共に滅亡したが、生き残りの長徳が明智光秀に仕えたが明智も山崎の戦いで敗れ、その後佐久間安次に仕え、柴田氏が北の庄城で滅亡すると、前田利長仕えた。以後、子孫は前田氏の重臣として明治まで続いた。駿河国相模国の一族。藤原氏の一族で、室町末期に京より甲斐の武田家・駿河の今川家や庇護を受け下野。その後一族が今川氏より駿河府中近郊に領地を与えられ静岡で在郷化し土着。庇護を受けていた本家筋は今川氏の滅亡後、徳川氏の庇護へ。その後、後北条氏滅亡後の荒廃していた御厨地方奥地を郎党を率いて開発し移住。その地方の小田原藩の年貢を管理する大庄屋に。一族は名前を変え、朗党は山崎一党として周辺地域へ移住。山崎パンの名前の由来になった山崎もこの周辺地域の丹沢湖のある河内川へ進出した朗党の子孫。薩摩国の一族。伊佐郡山崎郷。応永年間に祁答院重茂の三男重道が山崎を領して山崎氏と名乗ったと言われているが祁答院氏の没落と共にその地からいなくなる。祁答院氏は島津氏に敗れ大友氏を頼って日向・豊後へ。武蔵国の一族。小野姓横山党の一族。 __DISAMBIG__
rdfs:label
  • 山崎氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of