山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の南邸山内家当主・(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室の平石氏。正室はの娘・正子(三条実万の養女)。子は(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。

Property Value
dbo:abstract
  • 山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の南邸山内家当主・(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室の平石氏。正室はの娘・正子(三条実万の養女)。子は(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。 (ja)
  • 山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の南邸山内家当主・(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室の平石氏。正室はの娘・正子(三条実万の養女)。子は(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。 (ja)
dbo:alias
  • 輝衛(幼名)、豊信、忍堂、容堂 (ja)
  • 鯨海酔侯 (ja)
  • 輝衛(幼名)、豊信、忍堂、容堂 (ja)
  • 鯨海酔侯 (ja)
dbo:birthDate
  • 1927-01-01 (xsd:date)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 110223 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10783 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81521582 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 遊稀(伊賀氏理室)、容堂、豊盈 (ja)
  • 遊稀(伊賀氏理室)、容堂、豊盈 (ja)
prop-ja:出典の明記
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:別名
  • 鯨海酔侯 (ja)
  • 鯨海酔侯 (ja)
prop-ja:参照方法
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 正室:三条正子(烏丸光政女・三条実万養女) (ja)
  • 正室:三条正子(烏丸光政女・三条実万養女) (ja)
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従四位下土佐守、侍従、参預、従四位上左近衛権少将、議定、内国事務総裁、従二位権中納言、議事体裁取調方総裁、制度寮総裁、学校知事、上局議長、麝香間祗候、正二位、贈従一位 (ja)
  • 従四位下土佐守、侍従、参預、従四位上左近衛権少将、議定、内国事務総裁、従二位権中納言、議事体裁取調方総裁、制度寮総裁、学校知事、上局議長、麝香間祗候、正二位、贈従一位 (ja)
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 輝衛(幼名)、豊信、忍堂、容堂 (ja)
  • 輝衛(幼名)、豊信、忍堂、容堂 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-21
prop-ja:氏名
  • 山内 容堂 (ja)
  • 山内 容堂 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:山内豊著、母:瀬代(平石氏) (ja)
  • 養父:山内豊惇 (ja)
  • 父:山内豊著、母:瀬代(平石氏) (ja)
  • 養父:山内豊惇 (ja)
prop-ja:生誕
  • --10-09
prop-ja:画像
  • Yodo Yamauchi.jpg (ja)
  • Yodo Yamauchi.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 山内容堂 (ja)
  • 山内容堂 (ja)
prop-ja:
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の南邸山内家当主・(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室の平石氏。正室はの娘・正子(三条実万の養女)。子は(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。 (ja)
  • 山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の南邸山内家当主・(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室の平石氏。正室はの娘・正子(三条実万の養女)。子は(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。 (ja)
rdfs:label
  • 山内容堂 (ja)
  • 山内容堂 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 山内 容堂 (ja)
  • 山内 容堂 (ja)
is dbo:child of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:初代就任者 of
is prop-ja: of
is prop-ja:父母 of
is foaf:primaryTopic of