Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山佐パターン(やまさパターン)は、パチスロメーカーの一つである山佐が開発・販売するパチスロ機に共通する、独特のリーチ目パターンのこと。パチスロ0号機の時代は、リール制御が完全でない機種が多数あり、目押しさえ出来れば誰でもボーナスゲームが抜き放題の時代であった。その対策としてステッピングモーターが採用され、元祖リーチ目のパチスロとなったのが「パチスロパルサー」だった。この機種は、出目をテーブル制御で決定していて、ボーナスゲームが当たった時にボーナス絵柄を引き込めなかった場合、ボーナス絵柄と代役絵柄を決定された停止位置で出すようにしていた。この独自のリール制御が後々の機種にも受け継がれていき、大量リーチ目と共に山佐パターンと呼ばれるに至った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 698067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55907383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山佐パターン(やまさパターン)は、パチスロメーカーの一つである山佐が開発・販売するパチスロ機に共通する、独特のリーチ目パターンのこと。パチスロ0号機の時代は、リール制御が完全でない機種が多数あり、目押しさえ出来れば誰でもボーナスゲームが抜き放題の時代であった。その対策としてステッピングモーターが採用され、元祖リーチ目のパチスロとなったのが「パチスロパルサー」だった。この機種は、出目をテーブル制御で決定していて、ボーナスゲームが当たった時にボーナス絵柄を引き込めなかった場合、ボーナス絵柄と代役絵柄を決定された停止位置で出すようにしていた。この独自のリール制御が後々の機種にも受け継がれていき、大量リーチ目と共に山佐パターンと呼ばれるに至った。
rdfs:label
  • 山佐パターン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of