Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 山代氏(やましろし)は、松浦党の氏族の一つで、肥前国松浦郡山代に起こった。松浦久の子で嫡流の御厨庄を相続した従五位、兵衛尉松浦直の六男の山代囲(源六囲、山代源六囲)にはじまり、肥前国神埼を本拠地とする。同地の鳥羽院領神埼荘に荘官として下向した嵯峨源氏の源満末の武力的背景となる。囲の子の源圓(源三圓、山代源三固)は、満末の孫の久直(蒲池久直)にはじまる筑後の蒲池氏の遺領を継ぎ(『筑後国史』)、山代氏は囲の子の廣(山代源三廣)が継ぐ。廣の子の山代階(弥三階)は、元寇の時に松浦党として惣領の佐志房と共に戦い討ち死にしている。鎌倉幕府が滅び南北朝時代になると、山代弘は同族の松浦勝・志佐有・有田持・波多武などと共に北朝方に属し、1359年(延文4年)の筑後川の戦い(大保原の戦い)では北朝の少弐頼尚の下に戦った。戦国時代においては、主君の少弐氏が中国地方の大内氏に圧迫され、大内氏の意を受けて謀反を起こした龍造寺氏に滅ぼされた。その後大内氏と対抗する豊後の大友義鎮が有馬氏と共に少弐氏の再興を図り、山代清は波多鎮、松浦親、伊万里直などとこれに加わり龍造寺氏に対抗したが、波多氏、鶴田氏などが龍造寺方に寝返ったことからこの企ては失敗し、また肥前は龍造寺氏の制圧下に入った。豊臣秀吉の九州平定の時、山代貞(孫七貞)は、本領を安堵され、山代氏はその後、佐賀藩の鍋島氏に仕えた。山代氏の史料としては、膨大な「山代文書」がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 115136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53060277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 山代氏(やましろし)は、松浦党の氏族の一つで、肥前国松浦郡山代に起こった。松浦久の子で嫡流の御厨庄を相続した従五位、兵衛尉松浦直の六男の山代囲(源六囲、山代源六囲)にはじまり、肥前国神埼を本拠地とする。同地の鳥羽院領神埼荘に荘官として下向した嵯峨源氏の源満末の武力的背景となる。囲の子の源圓(源三圓、山代源三固)は、満末の孫の久直(蒲池久直)にはじまる筑後の蒲池氏の遺領を継ぎ(『筑後国史』)、山代氏は囲の子の廣(山代源三廣)が継ぐ。廣の子の山代階(弥三階)は、元寇の時に松浦党として惣領の佐志房と共に戦い討ち死にしている。鎌倉幕府が滅び南北朝時代になると、山代弘は同族の松浦勝・志佐有・有田持・波多武などと共に北朝方に属し、1359年(延文4年)の筑後川の戦い(大保原の戦い)では北朝の少弐頼尚の下に戦った。戦国時代においては、主君の少弐氏が中国地方の大内氏に圧迫され、大内氏の意を受けて謀反を起こした龍造寺氏に滅ぼされた。その後大内氏と対抗する豊後の大友義鎮が有馬氏と共に少弐氏の再興を図り、山代清は波多鎮、松浦親、伊万里直などとこれに加わり龍造寺氏に対抗したが、波多氏、鶴田氏などが龍造寺方に寝返ったことからこの企ては失敗し、また肥前は龍造寺氏の制圧下に入った。豊臣秀吉の九州平定の時、山代貞(孫七貞)は、本領を安堵され、山代氏はその後、佐賀藩の鍋島氏に仕えた。山代氏の史料としては、膨大な「山代文書」がある。
rdfs:label
  • 山代氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of