Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『山の音』(やまのおと)は、川端康成の長編小説。戦後日本文学の最高峰と評され、第7回(1954年度)野間文芸賞を受賞。川端の作家的評価を決定づけた作品として位置づけられている。老いを自覚し、ふと耳にした「山の音」を死期の告知と怖れながら、息子の嫁に淡い恋情を抱く主人公の様々な夢想や心境、死者の夢を基調に、復員兵の息子の頽廃、出戻りの娘など、家族間の心理的葛藤を鎌倉の美しい自然や風物と共に描いた作品。繊細冷静に捕えられた複雑な諸相の中、敗戦の傷跡が色濃く残る時代を背景に〈日本古来の悲しみ〉〈あはれな日本の美しさ〉が表現されている。『山の音』は海外でも評価が高く、2002年(平成14年)にはノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に、近代日本の作品として唯一選出された。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1031358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32783 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58613014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1963 (xsd:integer)
  • 1981 (xsd:integer)
  • 1984 (xsd:integer)
  • TBSのテレビドラマ
  • 成瀬巳喜男の監督映画
  • 毎日放送のテレビドラマ
  • 川端康成原作の映画作品
  • 東京を舞台とした映画作品
  • 家族を題材とした映画作品
  • 川端康成原作のテレビドラマ
  • 戦後日本を舞台とした映画作品
  • 日本のドラマ映画
  • 日本映画名作ドラマ
  • 東宝製作の映画作品
  • 水木洋子の脚本作品
  • 鎌倉市を舞台とした映画作品
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:header
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます
prop-ja:illustrator
  • 装幀:山本丘人
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • The Sound of the Mountain
prop-ja:pages
  • 390 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --04-20
  • --06-25
prop-ja:publisher
prop-ja:redirect
  • 山の音
prop-ja:title
  • 山の音
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 95 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 山の音
prop-ja:公開
  • --01-15
prop-ja:出演者
prop-ja:前番組
prop-ja:撮影
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:次番組
prop-ja:画像
  • Yama no oto poster.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:番組名
  • (テレビドラマ版)
  • 山の音
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『山の音』(やまのおと)は、川端康成の長編小説。戦後日本文学の最高峰と評され、第7回(1954年度)野間文芸賞を受賞。川端の作家的評価を決定づけた作品として位置づけられている。老いを自覚し、ふと耳にした「山の音」を死期の告知と怖れながら、息子の嫁に淡い恋情を抱く主人公の様々な夢想や心境、死者の夢を基調に、復員兵の息子の頽廃、出戻りの娘など、家族間の心理的葛藤を鎌倉の美しい自然や風物と共に描いた作品。繊細冷静に捕えられた複雑な諸相の中、敗戦の傷跡が色濃く残る時代を背景に〈日本古来の悲しみ〉〈あはれな日本の美しさ〉が表現されている。『山の音』は海外でも評価が高く、2002年(平成14年)にはノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に、近代日本の作品として唯一選出された。
rdfs:label
  • 山の音
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • The Sound of the Mountain
  • 山の音
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of