Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 展示会商法(てんじかいしょうほう)とは、チラシ、電話、街頭での宣伝などで「展示会」と称して、客を展示会場に誘い込んで商品を展示販売させるやり方をいう。商品は、絵画、着物、宝石などの高価なものが多く、このためクレジットやローンによる購入となることが多い。異性の販売員が担当となることが多く、なかなか購入しない場合、ほかの担当が現れ2名以上の多人数で商品を勧められることが多い。中には異性に対する好意を利用する場合もある。比較的自由になるお金を持ち、裕福そうな人がターゲットとされる傾向が強い。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 187203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 6 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55423419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 展示会商法(てんじかいしょうほう)とは、チラシ、電話、街頭での宣伝などで「展示会」と称して、客を展示会場に誘い込んで商品を展示販売させるやり方をいう。商品は、絵画、着物、宝石などの高価なものが多く、このためクレジットやローンによる購入となることが多い。異性の販売員が担当となることが多く、なかなか購入しない場合、ほかの担当が現れ2名以上の多人数で商品を勧められることが多い。中には異性に対する好意を利用する場合もある。比較的自由になるお金を持ち、裕福そうな人がターゲットとされる傾向が強い。
rdfs:label
  • 展示会商法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of