Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 気象学において局地現象(きょくちげんしょう)とは、ごく狭い範囲で起こる局地的な気象現象のことを指し、水平方向に直径数キロメートルから100キロメートル、垂直方向に数メートルから数キロメートルの範囲で起こり、数分から半日程度で収束する現象を言う。特定の地域に集中して深刻な被害を及ぼすのが特徴で、起こる地域と時間帯の予想が困難なため、災害対策への課題ともいえる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 788703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 21012097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 気象学において局地現象(きょくちげんしょう)とは、ごく狭い範囲で起こる局地的な気象現象のことを指し、水平方向に直径数キロメートルから100キロメートル、垂直方向に数メートルから数キロメートルの範囲で起こり、数分から半日程度で収束する現象を言う。特定の地域に集中して深刻な被害を及ぼすのが特徴で、起こる地域と時間帯の予想が困難なため、災害対策への課題ともいえる。
rdfs:label
  • 局地現象
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of