Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尾崎 左永子(おざき さえこ、1927年11月5日 - )は、歌人、随筆家。歌誌「星座」主筆。本名は尾崎磋瑛子(読みは同じ)。東京府生まれ。東京女子大学国語科卒業。17歳で歌誌『歩道』に入会し、佐藤佐太郎に師事する。1955年、第1回角川短歌賞最終候補となる。1957年、30歳のとき、松田さえこの名で第一歌集『さるびあ街』を上梓、第4回日本歌人クラブ推薦歌集(現在の日本歌人クラブ賞)を受賞する。1999年、「夕霧峠」で第33回迢空賞を受賞する。2001年、歌とことばの雑誌『星座』(かまくら春秋社)を創刊する。また2010年には短歌雑誌『星座α』を創刊し、「佐藤佐太郎の心を継ぐ」のを掲げている。2015年、『佐太郎秀歌私見』で第6回日本歌人クラブ大賞受賞。一時、短歌を離れて放送作家をメインに活動していたこともある。歌集多数のほか、『源氏物語』に関するエッセイなどでも知られ、1985年、『源氏の恋文』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。現在、エッセイスト・クラブ常務理事。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1199469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58918881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 尾崎 左永子(おざき さえこ、1927年11月5日 - )は、歌人、随筆家。歌誌「星座」主筆。本名は尾崎磋瑛子(読みは同じ)。東京府生まれ。東京女子大学国語科卒業。17歳で歌誌『歩道』に入会し、佐藤佐太郎に師事する。1955年、第1回角川短歌賞最終候補となる。1957年、30歳のとき、松田さえこの名で第一歌集『さるびあ街』を上梓、第4回日本歌人クラブ推薦歌集(現在の日本歌人クラブ賞)を受賞する。1999年、「夕霧峠」で第33回迢空賞を受賞する。2001年、歌とことばの雑誌『星座』(かまくら春秋社)を創刊する。また2010年には短歌雑誌『星座α』を創刊し、「佐藤佐太郎の心を継ぐ」のを掲げている。2015年、『佐太郎秀歌私見』で第6回日本歌人クラブ大賞受賞。一時、短歌を離れて放送作家をメインに活動していたこともある。歌集多数のほか、『源氏物語』に関するエッセイなどでも知られ、1985年、『源氏の恋文』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。現在、エッセイスト・クラブ常務理事。
rdfs:label
  • 尾崎左永子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of