Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尼子 長三郎(あまこ ちょうさぶろう、文政元年(1818年) - 文久3年11月25日(1864年1月4日))は幕末の志士。家系は宇多源氏の血筋にて佐々木氏(京極氏)の一門たる尼子氏。代々、水戸藩士である。諱は久恒、久待。仮名は長三郎、亀太郎。父は尼子津右衛門久道。母は内藤益利の女。墓所は茨城県水戸市松本町常磐共有墓地。位階は贈従五位。子に尼子久次郎がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 480199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43016601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 尼子 長三郎(あまこ ちょうさぶろう、文政元年(1818年) - 文久3年11月25日(1864年1月4日))は幕末の志士。家系は宇多源氏の血筋にて佐々木氏(京極氏)の一門たる尼子氏。代々、水戸藩士である。諱は久恒、久待。仮名は長三郎、亀太郎。父は尼子津右衛門久道。母は内藤益利の女。墓所は茨城県水戸市松本町常磐共有墓地。位階は贈従五位。子に尼子久次郎がいる。
rdfs:label
  • 尼子長三郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of