Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尺(しゃく)は、尺貫法における長さの単位である。東アジアでひろく使用されている。日本では、明治時代に1尺=(10/33)メートル = 約303.030 mm(曲尺(かねじゃく)の場合)と定義された。鯨尺(くじらじゃく)は、曲尺の1.25倍であり、約 378.788 mm である。中国では、1尺=(1/3)メートル(約333.333mm)と定義している。人体の骨格の尺骨は、この尺とほぼ同じの長さであることに由来する。尺貫法の長さの基準となる単位であり、転じて物の長さのことや物差しのことも「尺」と呼ぶようになった。映画のフィルムやカットの長さのことを「尺」と呼ぶのもこれに由来する。それがさらに広まり、テレビ、ラジオの番組や、各種イベントなどにおいて、割り当てられた時間のことを指すようにもなった。日本では、1958年制定の計量法で尺貫法は計量単位としては廃止され、1966年4月1日からは商取引など(取引又は証明)における使用が禁止された。ただし、木造建築や和裁の分野での利用の便に資するため、尺・寸に変わるものとして、1/33m(尺相当)や 1/26.4m(鯨尺尺相当)の目盛りを付した「尺相当目盛り付き長さ計」(尺に当たる、メートル法による目盛りが付された物差し)が認められている。詳細は、尺貫法#尺相当目盛り付き長さ計を参照のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58568456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • (曲尺)約 303.030 mm 、(鯨尺)約 378.788 mm 、約 333.333 mm(中国)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 尺(曲尺・鯨尺)
prop-ja:定義
  • (曲尺) m、(鯨尺) m、 m(中国)
prop-ja:度量衡
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さ
prop-ja:読み
  • しゃく(かねじゃく・くじらじゃく)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 尺(しゃく)は、尺貫法における長さの単位である。東アジアでひろく使用されている。日本では、明治時代に1尺=(10/33)メートル = 約303.030 mm(曲尺(かねじゃく)の場合)と定義された。鯨尺(くじらじゃく)は、曲尺の1.25倍であり、約 378.788 mm である。中国では、1尺=(1/3)メートル(約333.333mm)と定義している。人体の骨格の尺骨は、この尺とほぼ同じの長さであることに由来する。尺貫法の長さの基準となる単位であり、転じて物の長さのことや物差しのことも「尺」と呼ぶようになった。映画のフィルムやカットの長さのことを「尺」と呼ぶのもこれに由来する。それがさらに広まり、テレビ、ラジオの番組や、各種イベントなどにおいて、割り当てられた時間のことを指すようにもなった。日本では、1958年制定の計量法で尺貫法は計量単位としては廃止され、1966年4月1日からは商取引など(取引又は証明)における使用が禁止された。ただし、木造建築や和裁の分野での利用の便に資するため、尺・寸に変わるものとして、1/33m(尺相当)や 1/26.4m(鯨尺尺相当)の目盛りを付した「尺相当目盛り付き長さ計」(尺に当たる、メートル法による目盛りが付された物差し)が認められている。詳細は、尺貫法#尺相当目盛り付き長さ計を参照のこと。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of