Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尚 裕(しょう ひろし、1918年9月18日 - 1996年8月30日)は、尚昌の長男、琉球王国尚泰王の曾孫。第二尚氏の当主。爵位は元侯爵、海軍大尉。東京帝国大学文学部東洋史学科卒業。称号(現学位)は文学士(東京大学)、那覇市名誉市民。1918年、尚昌の長男として生まれ、父が1923年に死去したため侯爵となった。戦後は、大戦での被害を免れた伝承文化財の保存に努めたが、沖縄県当局側では永続的に保管維持する為の設備が整えられず、やむなく一旦は、居住していた東京都台東区への寄贈を決めた。しかし、これが沖縄県民の猛烈な反発を買い、更に同県の文化財行政のあり方に影響を与えた。1992年、玉陵、識名園等を那覇市に寄贈した。さらに1995年9月には、尚家伝来の古文書を寄贈、1996年には美術品を寄贈している。これらは、2006年に「琉球国王尚家関係資料」として国宝に指定された。文化財保護法に基づく国宝としては沖縄県で初の指定である。1996年、那覇市より名誉市民の称号を授与される。8月30日に死去、東京で告別式が行われ、その後沖縄県に送られ伊是名玉陵に葬られた。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1027218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56316453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第22代:1923年 - 1996年
  • 第4代:1923年 - 1947年
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 尚 裕(しょう ひろし、1918年9月18日 - 1996年8月30日)は、尚昌の長男、琉球王国尚泰王の曾孫。第二尚氏の当主。爵位は元侯爵、海軍大尉。東京帝国大学文学部東洋史学科卒業。称号(現学位)は文学士(東京大学)、那覇市名誉市民。1918年、尚昌の長男として生まれ、父が1923年に死去したため侯爵となった。戦後は、大戦での被害を免れた伝承文化財の保存に努めたが、沖縄県当局側では永続的に保管維持する為の設備が整えられず、やむなく一旦は、居住していた東京都台東区への寄贈を決めた。しかし、これが沖縄県民の猛烈な反発を買い、更に同県の文化財行政のあり方に影響を与えた。1992年、玉陵、識名園等を那覇市に寄贈した。さらに1995年9月には、尚家伝来の古文書を寄贈、1996年には美術品を寄贈している。これらは、2006年に「琉球国王尚家関係資料」として国宝に指定された。文化財保護法に基づく国宝としては沖縄県で初の指定である。1996年、那覇市より名誉市民の称号を授与される。8月30日に死去、東京で告別式が行われ、その後沖縄県に送られ伊是名玉陵に葬られた。
rdfs:label
  • 尚裕
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of