Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)とは、宗道臣が日本で創始した武道である。武術の体系であると同時に「人づくりの行」であり、「護身錬鍛」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備える「身心一如」の修行法をとり、「技」と「教え」と「教育システム」を3本の柱としている。技の特徴は、護身を旨とする拳法。教えの中心思想は「自己確立」と「自他共楽」。教育システムとしては、数百ページにわたる教範、入門から高段にいたるまでの修行計画が記された科目表で文書化標準化が図られ、また特に指導者育成機関として禅林学園(専門学校)を有している。少林寺拳法グループは、以下5つの組織からなる。宗教法人金剛禅総本山少林寺、一般財団法人少林寺拳法連盟、学校法人禅林学園、少林寺拳法世界連合(WSKO)、SHORINJI KEMPO UNITY。中国武術のひとつである少林拳とは間接的な関係にある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 60681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58875782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用武器
  • 無手・如意棍・棒・杖
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:創始者
prop-ja:発生年
  • 1947 (xsd:integer)
prop-ja:読み
  • しょうりんじけんぽう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)とは、宗道臣が日本で創始した武道である。武術の体系であると同時に「人づくりの行」であり、「護身錬鍛」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備える「身心一如」の修行法をとり、「技」と「教え」と「教育システム」を3本の柱としている。技の特徴は、護身を旨とする拳法。教えの中心思想は「自己確立」と「自他共楽」。教育システムとしては、数百ページにわたる教範、入門から高段にいたるまでの修行計画が記された科目表で文書化標準化が図られ、また特に指導者育成機関として禅林学園(専門学校)を有している。少林寺拳法グループは、以下5つの組織からなる。宗教法人金剛禅総本山少林寺、一般財団法人少林寺拳法連盟、学校法人禅林学園、少林寺拳法世界連合(WSKO)、SHORINJI KEMPO UNITY。中国武術のひとつである少林拳とは間接的な関係にある。
rdfs:label
  • 少林寺拳法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:otherSportsExperience of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:style of
is prop-ja:スポーツ歴 of
is prop-ja:派生種目 of
is foaf:primaryTopic of