Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『少女』(しょうじょ)は、湊かなえによる日本の小説。『告白』に次ぐ著者の第2作目にして書き下ろし作品。『告白』に比べ台詞が多く、ユーモラスな箇所もあり、時にブラックな箇所をも描かれている。基本的に由紀視点、敦子視点のエピソードを交代に描かれている。本作は「由紀と敦子のヒューマンドラマ」で、ミステリー要素は少ないと思われるが、最後の最後で衝撃的な事実が判明することから「ヒューマンミステリー」と位置づけられる。ちなみに、『告白』同様コミック版が製作されている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2044511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58132749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:date
  • 2016-01-05 (xsd:date)
prop-ja:id
  • ISBN 978-4-575-23628-6
prop-ja:language
prop-ja:pages
  • 279 (xsd:integer)
prop-ja:published
  • --01-20
prop-ja:publisher
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 少女
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『少女』(しょうじょ)は、湊かなえによる日本の小説。『告白』に次ぐ著者の第2作目にして書き下ろし作品。『告白』に比べ台詞が多く、ユーモラスな箇所もあり、時にブラックな箇所をも描かれている。基本的に由紀視点、敦子視点のエピソードを交代に描かれている。本作は「由紀と敦子のヒューマンドラマ」で、ミステリー要素は少ないと思われるが、最後の最後で衝撃的な事実が判明することから「ヒューマンミステリー」と位置づけられる。ちなみに、『告白』同様コミック版が製作されている。
rdfs:label
  • 少女 (湊かなえ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 少女
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of