Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小縫(しょうほう)は、664年から685年まで日本で用いられた冠位である。上から数えて4番目で、大縫の下、大紫の上にあたる。天智天皇3年(664年)2月9日の冠位二十六階で、以前の小繍を改めて設けられた。大臣級の高位であったが、この冠位を受けた人物は知られない。天武天皇14年(685年)1月21日の冠位四十八階で冠位の名称が全面的に変わり、廃止された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1800326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53210281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小縫(しょうほう)は、664年から685年まで日本で用いられた冠位である。上から数えて4番目で、大縫の下、大紫の上にあたる。天智天皇3年(664年)2月9日の冠位二十六階で、以前の小繍を改めて設けられた。大臣級の高位であったが、この冠位を受けた人物は知られない。天武天皇14年(685年)1月21日の冠位四十八階で冠位の名称が全面的に変わり、廃止された。
rdfs:label
  • 小縫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of