Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小簾の戸(こすのと)は、地歌の曲目のひとつ。端歌物に属する。「雪」で有名な峰崎勾当の作曲。詞は芸妓首のぶによるもの。歌詞中に「蚊帳」が登場するなど夏の恋をうたったもの。地歌には珍しく明るい結末の唄。曲はうた沢にも取り入れられ、「浮草」との題がつく。歌詞は古今集の「わびぬれば 身をうき草の 根をたえて さそふ水あらば いなむとぞ思ふ」(小野小町)「夏山に 鳴くほととぎす 心あらば 物思ふ我に 声な聞かせそ」(読み人しらず)西行の「けふもまた 松の風吹く 岡へゆかむ 昨日すずみし 友にあふやと」「なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」(百人一首にとられる)といった和歌よりとられる。本来純粋な楽曲であるが、後世振付が行われ、地唄舞の演目の一つともなっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1933495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 35530560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小簾の戸(こすのと)は、地歌の曲目のひとつ。端歌物に属する。「雪」で有名な峰崎勾当の作曲。詞は芸妓首のぶによるもの。歌詞中に「蚊帳」が登場するなど夏の恋をうたったもの。地歌には珍しく明るい結末の唄。曲はうた沢にも取り入れられ、「浮草」との題がつく。歌詞は古今集の「わびぬれば 身をうき草の 根をたえて さそふ水あらば いなむとぞ思ふ」(小野小町)「夏山に 鳴くほととぎす 心あらば 物思ふ我に 声な聞かせそ」(読み人しらず)西行の「けふもまた 松の風吹く 岡へゆかむ 昨日すずみし 友にあふやと」「なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」(百人一首にとられる)といった和歌よりとられる。本来純粋な楽曲であるが、後世振付が行われ、地唄舞の演目の一つともなっている。
rdfs:label
  • 小簾の戸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of