Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小笠原 忠貞(おがさわら たださだ、宝永3年(1706年) - 元文6年1月18日(1741年3月5日))は、豊前国小倉藩の世嗣。3代藩主・小笠原忠基の長男。母は浅野綱長の娘。正室は蜂須賀綱矩の娘。子は永姫(小笠原長恭正室)。官位は織部正、遠江守。豊前小倉藩嫡子として生まれ、享保4年(1719年)徳川吉宗に拝謁する。享保10年(1725年)叙任するが、家督を継ぐことなく元文6年(1741年)に36歳で早世した。代わって、弟の忠総が嫡子となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1533901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49413400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小笠原 忠貞(おがさわら たださだ、宝永3年(1706年) - 元文6年1月18日(1741年3月5日))は、豊前国小倉藩の世嗣。3代藩主・小笠原忠基の長男。母は浅野綱長の娘。正室は蜂須賀綱矩の娘。子は永姫(小笠原長恭正室)。官位は織部正、遠江守。豊前小倉藩嫡子として生まれ、享保4年(1719年)徳川吉宗に拝謁する。享保10年(1725年)叙任するが、家督を継ぐことなく元文6年(1741年)に36歳で早世した。代わって、弟の忠総が嫡子となった。
rdfs:label
  • 小笠原忠貞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of