Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小田郡(おだぐん)は古代から中世の陸奥国にあった郡である。8世紀の初めに成立した。近代における遠田郡北部にあたる。728年頃の丹取郡の廃止にともなって建てられた小さな郡の一つと推定される。延暦18年(799年)に、東隣の登米郡を併せるも後に分離した。天平21年(749年)に日本で初めて産金があったため、恩典として長く調庸を免除された。中世以降に遠田郡に編入された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 310817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 31999419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小田郡(おだぐん)は古代から中世の陸奥国にあった郡である。8世紀の初めに成立した。近代における遠田郡北部にあたる。728年頃の丹取郡の廃止にともなって建てられた小さな郡の一つと推定される。延暦18年(799年)に、東隣の登米郡を併せるも後に分離した。天平21年(749年)に日本で初めて産金があったため、恩典として長く調庸を免除された。中世以降に遠田郡に編入された。
rdfs:label
  • 小田郡 (陸奥国)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of