Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小田急8000形電車(おだきゅう8000がたでんしゃ)は、小田急電鉄(小田急)が1982年から1987年まで導入を行なった通勤車両である。輸送力増強と通勤車両の大型化のため、各駅停車から急行にまで運用可能な汎用通勤車両として登場した。9000形以来約11年ぶりのモデルチェンジが行われ、1982年から1987年までの間に4両固定編成と6両固定編成が各16編成ずつ、合計160両が製造された。2002年から車体修理が開始され、2003年以降はVVVFインバータ制御方式への改造もあわせて進められている。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿方の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「8052×4」「8257×6」のように表記する。特定の車両については車両番号から「デハ8100番台」などのように表記する。
dbpedia-owl:capacity
  • 144 (xsd:integer)
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 83728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58498277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:pxl
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • self
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主電動機
  • 三菱電機 MB-5123-A(V・全閉外扇式かご形三相誘導電動機)
  • 三菱電機 MB-3282-AC(界・直流複巻電動機)
  • 三菱電機 MB-5102-A(V・かご形三相誘導電動機)
prop-ja:主電動機出力
  • 140 (xsd:integer)
  • 190.0
prop-ja:保安装置
prop-ja:備考
  • 諸元の「界」は界磁チョッパ制御車時代、「V」はVVVF車時代
prop-ja:制動方式
  • 回生制動併用電気指令電気演算式電磁直通制動(V・MBSA-R)
  • 回生制動併用電磁直通制動(界・HSC-R)
prop-ja:制御装置
  • 三菱電機 FCM-148-15MRH(界磁チョッパ制御)
  • 三菱電機 MAP-198-15V-116A(IPM-IGBT2レベルVVVFインバータ制御)
  • 三菱電機 MAP-198-15V-115A(IPM-IGBT2レベルVVVFインバータ制御)
prop-ja:台車
  • 住友金属工業 FS016(付随台車)
  • 住友金属工業 FS516(電動台車)
prop-ja:営業最高速度
  • 100.0
prop-ja:搭載数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:最大寸法
  • 20000 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 85 (xsd:integer)
  • 97.160000 (xsd:double)
prop-ja:減速度(常用最大)_
  • 4 (xsd:integer)
  • (界)3.5km/h/s
prop-ja:減速度(非常)_
  • 4.500000 (xsd:double)
  • (界)4.0km/h/s
prop-ja:画像
  • OER 8561 Kaisei7cross 20120228.jpg
prop-ja:画像説明
  • 小田原線を走る8000形
prop-ja:社色
  • #00677E
prop-ja:端子電圧
  • 375.0
prop-ja:編成
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:設計最高速度
  • 110.0
prop-ja:起動加速度
  • 3 (xsd:integer)
  • 3.300000 (xsd:double)
prop-ja:車両名
  • 小田急8000形電車
prop-ja:車両定員
  • 144 (xsd:integer)
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:車両質量
  • [[#編成図
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500V
  • (架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 小田急8000形電車(おだきゅう8000がたでんしゃ)は、小田急電鉄(小田急)が1982年から1987年まで導入を行なった通勤車両である。輸送力増強と通勤車両の大型化のため、各駅停車から急行にまで運用可能な汎用通勤車両として登場した。9000形以来約11年ぶりのモデルチェンジが行われ、1982年から1987年までの間に4両固定編成と6両固定編成が各16編成ずつ、合計160両が製造された。2002年から車体修理が開始され、2003年以降はVVVFインバータ制御方式への改造もあわせて進められている。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿方の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「8052×4」「8257×6」のように表記する。特定の車両については車両番号から「デハ8100番台」などのように表記する。
rdfs:label
  • 小田急8000形電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 小田急8000形電車
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of