Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:MeanOfTransportation/weight
  • 260200.0
dbpedia-owl:abstract
  • 小田急50000形電車(おだきゅう50000がたでんしゃ)は、2005年から小田急電鉄(小田急)が運用している特急用車両(ロマンスカー)である。小田急のフラッグシップモデルとして位置づけられ、箱根方面への特急ロマンスカーに使用されていた10000形(HiSE車)の置き換えとともに、箱根の魅力向上と活性化、さらには小田急ロマンスカーブランドの復権を目的として登場した。デザインや設計を全面的に見直し、最新技術などを取り入れるとともに、過去に小田急で試験を行なっていながら採用されていなかった技術も採用され、旅客設備についても最高のものを目指した。客室内の様式から "Vault Super Express" (略して「VSE」)という愛称が設定され、2005年には照明学会より「照明普及賞優秀施設賞」を、同年度には日本産業デザイン振興会より「グッドデザイン賞」を、2006年には鉄道友の会より「ブルーリボン賞」を、2006年度に香港デザインセンターより「アジアデザイン大賞」を、2007年にはドイツ・ハノーファー工業デザイン協会より "iF product design award 2007" を受賞した。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿方の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「50002×10」のように表記する。また、初代3000形は「SE車」、3100形は「NSE車」、7000形は「LSE車」、10000形は「HiSE車」、20000形は「RSE車」、30000形は「EXE車」、本形式50000形は「VSE車」、箱根登山鉄道箱根湯本駅へ乗り入れる特急列車については「箱根特急」、小田原方面に向かって右側を「山側」・左側を「海側」と表記する。
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:weight
  • 260200000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59141645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:pxl
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • self
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ブレーキ方式
  • 回生制動併用電気指令式電磁直通制動
prop-ja:モーター出力
  • 135 (xsd:integer)
prop-ja:主電動機
  • 全密閉自己通風式かご形三相誘導電動機
  • 三菱電機 MB-5110-A
prop-ja:保安装置
prop-ja:制御装置
  • 純電気ブレーキ対応、定速運転・抑速制動機能付IGBT素子2レベルVVVFインバータ制御
  • 東芝 SVF-073A0
prop-ja:台車
  • 日本車輛製造 ND-735T(連接付随台車)
  • 日本車輛製造 ND-735(連接電動台車)
  • 日本車輛製造 ND-736T(先頭付随台車)
prop-ja:営業最高速度
  • 110.0
prop-ja:最大寸法
  • 13800 (xsd:integer)
  • 18200 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 79 (xsd:integer)
prop-ja:減速度(常用最大)_
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:減速度(非常)_
  • 4.500000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • OER 50000 Hakone29 Kaisei7cross 20130306.jpg
prop-ja:画像説明
  • 小田原線を箱根に向かって走行する50000形VSE車
prop-ja:社色
  • #DD3C00
prop-ja:編成
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:編成定員
  • 358 (xsd:integer)
prop-ja:編成質量
  • 260.2
prop-ja:編成長
  • 146.8m
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:設計最高速度
  • 130.0
prop-ja:起動加速度
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:車両名
  • (Vault Super Express)
  • 小田急50000形電車
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500V
  • (架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 小田急50000形電車(おだきゅう50000がたでんしゃ)は、2005年から小田急電鉄(小田急)が運用している特急用車両(ロマンスカー)である。小田急のフラッグシップモデルとして位置づけられ、箱根方面への特急ロマンスカーに使用されていた10000形(HiSE車)の置き換えとともに、箱根の魅力向上と活性化、さらには小田急ロマンスカーブランドの復権を目的として登場した。デザインや設計を全面的に見直し、最新技術などを取り入れるとともに、過去に小田急で試験を行なっていながら採用されていなかった技術も採用され、旅客設備についても最高のものを目指した。客室内の様式から "Vault Super Express" (略して「VSE」)という愛称が設定され、2005年には照明学会より「照明普及賞優秀施設賞」を、同年度には日本産業デザイン振興会より「グッドデザイン賞」を、2006年には鉄道友の会より「ブルーリボン賞」を、2006年度に香港デザインセンターより「アジアデザイン大賞」を、2007年にはドイツ・ハノーファー工業デザイン協会より "iF product design award 2007" を受賞した。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿方の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「50002×10」のように表記する。また、初代3000形は「SE車」、3100形は「NSE車」、7000形は「LSE車」、10000形は「HiSE車」、20000形は「RSE車」、30000形は「EXE車」、本形式50000形は「VSE車」、箱根登山鉄道箱根湯本駅へ乗り入れる特急列車については「箱根特急」、小田原方面に向かって右側を「山側」・左側を「海側」と表記する。
rdfs:label
  • 小田急50000形電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (Vault Super Express)
  • 小田急50000形電車
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像説明 of
is foaf:primaryTopic of