Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小田 守治(おだ もりはる、弘治3年(1557年) - 慶長15年(1610年))は、戦国時代の武将。常陸小田氏の一族。小田氏治の嫡男。通称・彦太郎。長男ではないが、兄友治が庶子の為に、守治が家督を継いだ。子に小田経治。豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しなかったため、所領を没収された。その後、妹が結城秀康の側室になっていた縁からこれに仕えた。関ヶ原の戦いの後、秀康が越前への転封となると、これに従った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 110631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54099722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小田 守治(おだ もりはる、弘治3年(1557年) - 慶長15年(1610年))は、戦国時代の武将。常陸小田氏の一族。小田氏治の嫡男。通称・彦太郎。長男ではないが、兄友治が庶子の為に、守治が家督を継いだ。子に小田経治。豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しなかったため、所領を没収された。その後、妹が結城秀康の側室になっていた縁からこれに仕えた。関ヶ原の戦いの後、秀康が越前への転封となると、これに従った。
rdfs:label
  • 小田守治
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of