Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小松原法難(こまつばらほうなん)は、鎌倉時代前期に小松原(現千葉県鴨川市)の鏡忍寺にて日蓮が襲撃され負傷した事件。以前から恨みをもっていた、念仏信者の東条景信が日蓮を襲い、弟子の鏡忍房日暁と信者の工藤吉隆が殺され、日蓮も額を斬られ、左手を骨折、重傷を負う。斬りつけた東条景信も落馬し、逃亡、日蓮は難をのがれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 725070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59037215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小松原法難(こまつばらほうなん)は、鎌倉時代前期に小松原(現千葉県鴨川市)の鏡忍寺にて日蓮が襲撃され負傷した事件。以前から恨みをもっていた、念仏信者の東条景信が日蓮を襲い、弟子の鏡忍房日暁と信者の工藤吉隆が殺され、日蓮も額を斬られ、左手を骨折、重傷を負う。斬りつけた東条景信も落馬し、逃亡、日蓮は難をのがれる。
rdfs:label
  • 小松原法難
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of