Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小弓城(おゆみじょう、生実城とも)は、現在の千葉県千葉市中央区にあった日本の城。鎌倉時代初期の創建といわれ、戦国時代に足利義明が千葉氏重臣原氏を追って城を奪い、「小弓御所(小弓公方)」と名乗ったが北条氏に滅ぼされる。城を奪還した原氏は城の北側に新城を造り、字を「生実城」と改名した。江戸時代には城跡に陣屋が置かれて生実藩の政庁となった。ただし、近年の発掘調査で新城とされた城も室町時代には既に存在していた事が確実となり、実態としては2つの城を併せて「小弓城」または「生実城」と書き表していた可能性も出てきた。そのため、近年では便宜上、旧城とされてきた小弓御所跡の城を「南生実城」(北緯35度33分16秒 東経140度09分03秒)・新城とされてきた生実藩陣屋跡の城を「北生実城」(北緯35度33分59秒 東経140度08分45秒)と呼んで区別がされている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1414903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58231150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:buildY
  • 1300 (xsd:integer)
prop-ja:builders
prop-ja:name
  • 小弓城
prop-ja:pref
  • 千葉県
prop-ja:rulers
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 35.55444444444444 140.15083333333334
rdf:type
rdfs:comment
  • 小弓城(おゆみじょう、生実城とも)は、現在の千葉県千葉市中央区にあった日本の城。鎌倉時代初期の創建といわれ、戦国時代に足利義明が千葉氏重臣原氏を追って城を奪い、「小弓御所(小弓公方)」と名乗ったが北条氏に滅ぼされる。城を奪還した原氏は城の北側に新城を造り、字を「生実城」と改名した。江戸時代には城跡に陣屋が置かれて生実藩の政庁となった。ただし、近年の発掘調査で新城とされた城も室町時代には既に存在していた事が確実となり、実態としては2つの城を併せて「小弓城」または「生実城」と書き表していた可能性も出てきた。そのため、近年では便宜上、旧城とされてきた小弓御所跡の城を「南生実城」(北緯35度33分16秒 東経140度09分03秒)・新城とされてきた生実藩陣屋跡の城を「北生実城」(北緯35度33分59秒 東経140度08分45秒)と呼んで区別がされている。
rdfs:label
  • 小弓城
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.554443 (xsd:float)
geo:long
  • 140.150833 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of