Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小名浜港(おなはまこう)は、福島県いわき市小名浜にある港湾のひとつ。福島県最大の港で、県内最大の観光地ともなっている。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。江戸時代より磐城平藩の年貢米積出港があったが、常磐炭鉱の発見により、商港として明治、大正から昭和初期にかけ整備され始め、重要港湾指定、新産業都市指定などを経、発展を続けていった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1317642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57263911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:所在地
  • 福島県いわき市小名浜
prop-ja:港名
  • 小名浜港
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 小名浜港 小名浜港の位置
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小名浜港(おなはまこう)は、福島県いわき市小名浜にある港湾のひとつ。福島県最大の港で、県内最大の観光地ともなっている。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。江戸時代より磐城平藩の年貢米積出港があったが、常磐炭鉱の発見により、商港として明治、大正から昭和初期にかけ整備され始め、重要港湾指定、新産業都市指定などを経、発展を続けていった。
rdfs:label
  • 小名浜港
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of