Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小児期崩壊性障害(しょうにきほうかいせいしょうがい、英childhood disintegrative disorder;CDD)とは、少なくとも2年間の年齢相応な発達の後に出現する障害で、知的・社会・言語機能の崩壊が起こる。通常2〜5歳で言語の理解や表出能力の退行がみられ、6ヶ月程度で退行が終わった後は自閉症と類似した臨床症状を示すようになる。小児崩壊性障害と呼ばれることもある。1908年にドイツの治療教育者であるTheodor Hellerによって最初の症例が発表された精神疾患で、彼の名を取ってHeller's syndrome(ヘラー症候群)と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3244707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58491689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 小児期崩壊性障害(しょうにきほうかいせいしょうがい、英childhood disintegrative disorder;CDD)とは、少なくとも2年間の年齢相応な発達の後に出現する障害で、知的・社会・言語機能の崩壊が起こる。通常2〜5歳で言語の理解や表出能力の退行がみられ、6ヶ月程度で退行が終わった後は自閉症と類似した臨床症状を示すようになる。小児崩壊性障害と呼ばれることもある。1908年にドイツの治療教育者であるTheodor Hellerによって最初の症例が発表された精神疾患で、彼の名を取ってHeller's syndrome(ヘラー症候群)と呼ばれる。
rdfs:label
  • 小児期崩壊性障害
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of