Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尊秀王(たかひでおう/そんしゅうおう、永享12年(1440年)? - 長禄元年12月2日(1457年12月18日))は、南朝の再建を図った後南朝の最後の指導者。紀伊北山によったので便宜上北山宮とも称する。地元住民の間では自天王(じてんのう)の名が伝えられ、こちらの方が有名である。地元に伝えられる位牌には北山宮を自天勝公と、弟河野宮を忠義禅定と称している。また、「尊秀」なる実名は後世の系図類によるもので、信ずるに足りない部分もあるが、禁闕の変の首謀者の一人に後鳥羽天皇の末裔と称した源尊秀(みなもと たかひで)という人物がいたとされ、尊秀王の晩年を考えればこれと同一人物とも考えられる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1657660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56550984 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 尊秀王(たかひでおう/そんしゅうおう、永享12年(1440年)? - 長禄元年12月2日(1457年12月18日))は、南朝の再建を図った後南朝の最後の指導者。紀伊北山によったので便宜上北山宮とも称する。地元住民の間では自天王(じてんのう)の名が伝えられ、こちらの方が有名である。地元に伝えられる位牌には北山宮を自天勝公と、弟河野宮を忠義禅定と称している。また、「尊秀」なる実名は後世の系図類によるもので、信ずるに足りない部分もあるが、禁闕の変の首謀者の一人に後鳥羽天皇の末裔と称した源尊秀(みなもと たかひで)という人物がいたとされ、尊秀王の晩年を考えればこれと同一人物とも考えられる。
rdfs:label
  • 尊秀王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of