Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 尊属殺法定刑違憲事件(そんぞくさつほうていけいいけんじけん)とは、1973年(昭和48年)4月4日に最高裁において、刑法第200条に規定された「尊属殺」の重罰規定が日本国憲法第14条(法の下の平等)に反し、違憲判決が下された殺人事件。最高裁判所大法廷が違憲立法審査権を発動し、既存の法律を違憲と判断した最初の判例である(法令違憲)。「尊属殺重罰規定違憲判決」、「栃木実父殺し事件」(栃木県矢板市での事件である)とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 398331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59235989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 尊属殺人被告事件
prop-ja:事件番号
  • 昭和45(あ)1310
prop-ja:判例集
  • 刑集27巻3号265頁
prop-ja:参照法条
  • 憲法14条1項 刑法199条 刑法200条
prop-ja:反対意見
  • 下田武三
prop-ja:多数意見
  • 石田和外 岩田誠 村上朝一 関根小郷 藤林益三 岡原昌男 岸盛一 天野武一
prop-ja:意見
  • 田中二郎 下村三郎 色川幸太郎 大隅健一郎 小川信雄 坂本吉勝
prop-ja:法廷名
  • 大法廷
prop-ja:裁判年月日
  • --04-04
prop-ja:裁判要旨
  • 尊属殺人を定めた刑法200条は、尊属殺の法定刑を死刑または無期懲役刑のみに限つている点において、その立法目的達成のため必要な限度を遥かに超え、普通殺に関する刑法199条の法定刑に比し著しく不合理な差別的取扱いをするものと認められ、憲法14条1項に違反して無効である。
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 尊属殺法定刑違憲事件(そんぞくさつほうていけいいけんじけん)とは、1973年(昭和48年)4月4日に最高裁において、刑法第200条に規定された「尊属殺」の重罰規定が日本国憲法第14条(法の下の平等)に反し、違憲判決が下された殺人事件。最高裁判所大法廷が違憲立法審査権を発動し、既存の法律を違憲と判断した最初の判例である(法令違憲)。「尊属殺重罰規定違憲判決」、「栃木実父殺し事件」(栃木県矢板市での事件である)とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 尊属殺法定刑違憲事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of