Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『射鵰英雄伝EAGLET』(しゃちょうえいゆうでんイグレット)は、白井三二朗による日本の漫画作品。翻訳協力は金海南。中国の作家・金庸の武俠小説『射鵰英雄伝』を原作としている。講談社『月刊少年シリウス』にて、2009年3月号から2010年12月号まで連載された。タイトルの「鵰」は「鷲」のこと。「EAGLET」は英語で「鷲の子供」を意味する。物語の舞台は、13世紀の中国大陸。南宋が北方の金国との対立で疲弊している時代。義俠の心を持つ少年、郭靖と黄蓉が江湖で冒険を繰り広げる。金庸の『射鵰英雄伝』を原作としてはいるものの、かなりの改変が入っている。たとえば、原作において物語は郭靖の父親の世代から始まるが、本作ではその部分はカットされている。また、郭靖が内功を習得するのはモンゴルでなく中原になっているなど。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1677822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48683018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『射鵰英雄伝EAGLET』(しゃちょうえいゆうでんイグレット)は、白井三二朗による日本の漫画作品。翻訳協力は金海南。中国の作家・金庸の武俠小説『射鵰英雄伝』を原作としている。講談社『月刊少年シリウス』にて、2009年3月号から2010年12月号まで連載された。タイトルの「鵰」は「鷲」のこと。「EAGLET」は英語で「鷲の子供」を意味する。物語の舞台は、13世紀の中国大陸。南宋が北方の金国との対立で疲弊している時代。義俠の心を持つ少年、郭靖と黄蓉が江湖で冒険を繰り広げる。金庸の『射鵰英雄伝』を原作としてはいるものの、かなりの改変が入っている。たとえば、原作において物語は郭靖の父親の世代から始まるが、本作ではその部分はカットされている。また、郭靖が内功を習得するのはモンゴルでなく中原になっているなど。
rdfs:label
  • 射雕英雄伝EAGLET
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of