封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を封建時代と呼ぶ。上代の班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代は中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代は近世封建社会(封建社会後期)に分類されている。 封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。

Property Value
dbo:abstract
  • 封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を封建時代と呼ぶ。上代の班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代は中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代は近世封建社会(封建社会後期)に分類されている。 封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 中国では、封建制と郡県制の是非について「歴千百年」の議論が続いた。日本では中国古典とともに封建制の概念も持ち込まれ、頼山陽など江戸時代の知識人は、鎌倉幕府成立以来の武家政権体制を中国古代と似たものと考え、封建制の概念を用いて日本史を論じた。明治維新で実施された版籍奉還や廃藩置県には、こうした頼山陽らの封建制についての議論が影響している。一方、ヨーロッパ特にドイツでは、中世を特徴づける社会経済制度としてフューダリズム(ドイツ語:Feudalismus、英語:Feudalism)やレーエン(ドイツ語:Lehen)が盛んに研究されていた。明治時代半ばにレーエンを中心にフューダリズムが日本に紹介されると、フューダリズムと封建制は類似しているとされ、フューダリズムの訳語として封建制が用いられるようになった。その後、ドイツの歴史学派による経済発展段階説やマルクス経済学の唯物史観が日本に紹介されると、封建制(フューダリズム)は農奴制に結びつく概念となった。 (ja)
  • 封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を封建時代と呼ぶ。上代の班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代は中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代は近世封建社会(封建社会後期)に分類されている。 封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 中国では、封建制と郡県制の是非について「歴千百年」の議論が続いた。日本では中国古典とともに封建制の概念も持ち込まれ、頼山陽など江戸時代の知識人は、鎌倉幕府成立以来の武家政権体制を中国古代と似たものと考え、封建制の概念を用いて日本史を論じた。明治維新で実施された版籍奉還や廃藩置県には、こうした頼山陽らの封建制についての議論が影響している。一方、ヨーロッパ特にドイツでは、中世を特徴づける社会経済制度としてフューダリズム(ドイツ語:Feudalismus、英語:Feudalism)やレーエン(ドイツ語:Lehen)が盛んに研究されていた。明治時代半ばにレーエンを中心にフューダリズムが日本に紹介されると、フューダリズムと封建制は類似しているとされ、フューダリズムの訳語として封建制が用いられるようになった。その後、ドイツの歴史学派による経済発展段階説やマルクス経済学の唯物史観が日本に紹介されると、封建制(フューダリズム)は農奴制に結びつく概念となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 47487 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10852 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81097071 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2020 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を封建時代と呼ぶ。上代の班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代は中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代は近世封建社会(封建社会後期)に分類されている。 封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 (ja)
  • 封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を封建時代と呼ぶ。上代の班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代は中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代は近世封建社会(封建社会後期)に分類されている。 封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 (ja)
rdfs:label
  • 封建制 (ja)
  • 封建制 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:governmentType of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:governmentType of
is foaf:primaryTopic of