Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 対人恐怖症(たいじんきょうふしょう、英語: Taijin kyofusho, also taijin kyofusho symptoms ; TKS)は、あがり症とも呼ばれる、神経症の一種である。他人の前での失敗経験などをきっかけに、人前で症状が出ることを極度に恐れ、他者の目の前で極度の緊張にさいなまれる。思春期にはよく見られ、軽いものは自然に治ってしまうものであるが、一方で社会的生活に支障をきたすほど対人不安が高まってしまう場合、神経症として治療が必要である。慢性化すると社交不安障碍、パニック障碍、ひきこもりなどの引き金となりかねない。「恥の文化」を持つ日本において群を抜いて多く、日本で顕著な文化依存症候群とされ、海外においてもそのまま「Taijin kyofusho」と呼称されている。ただし、社交不安障害そのものは世界中で広く見られる。比較的軽度のものを「あがり症」や「舞台恐怖」、ひきこもりを伴うなど社会的生活に支障をきたすほど重度のものを「対人恐怖症」と呼ぶ傾向があるが、厳密に区別する定義はなく、その根本は同じと考えられる。よって本記事では同様の症状として扱う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 291090 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5091 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57220821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 対人恐怖症(たいじんきょうふしょう、英語: Taijin kyofusho, also taijin kyofusho symptoms ; TKS)は、あがり症とも呼ばれる、神経症の一種である。他人の前での失敗経験などをきっかけに、人前で症状が出ることを極度に恐れ、他者の目の前で極度の緊張にさいなまれる。思春期にはよく見られ、軽いものは自然に治ってしまうものであるが、一方で社会的生活に支障をきたすほど対人不安が高まってしまう場合、神経症として治療が必要である。慢性化すると社交不安障碍、パニック障碍、ひきこもりなどの引き金となりかねない。「恥の文化」を持つ日本において群を抜いて多く、日本で顕著な文化依存症候群とされ、海外においてもそのまま「Taijin kyofusho」と呼称されている。ただし、社交不安障害そのものは世界中で広く見られる。比較的軽度のものを「あがり症」や「舞台恐怖」、ひきこもりを伴うなど社会的生活に支障をきたすほど重度のものを「対人恐怖症」と呼ぶ傾向があるが、厳密に区別する定義はなく、その根本は同じと考えられる。よって本記事では同様の症状として扱う。
rdfs:label
  • 対人恐怖症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of