Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 寶川 石五郎(たからがわ いしごろう、1816年〈文化13年〉 - 1858年8月26日〈安政5年7月18日〉)は、雷部屋に所属した元力士。大坂相撲時代には朝日山部屋、東京へ移行してからは粂川部屋にも所属していた。本名は佐伯 石五郎。身長,体重とも不明だが、体格は大きく3尺(約90cm)の入り口では常に体を斜めにして入ったと伝わる。出身地は現在の香川県観音寺市(旧・讃岐国豊田郡。最高位は西前頭筆頭。丸亀藩の抱え。最初は4代朝日山(真鸖政吉)の弟子として大坂相撲で取り、その後東上して1840年10月初土俵(序二段附出し)。1848年1月新十両(東二段目10枚目となり十両相当となった)。1849年3月場所では7勝1敗1分の好成績を挙げ、優勝相当成績を挙げた。1850年11月場所に新入幕。1852年1月場所では西前頭7枚目で、7勝2敗1休の優勝同点。1853年7月8日(嘉永6年6月3日)、アメリカ海軍のペリーが浦賀に来航した際には、幕府が与えた200俵の米俵を何と一気に8俵もの米俵を担いで積み込んだというエピソードも残っている。幕内では僅か1場所しか負け越しが無く、しばしば優勝争いに絡み、当時の大関・小柳常吉には3勝を挙げるなど得意にしていた。しかし番付運が非常に悪く、遂に三役以上を経験する事は出来なかった。1858年1月場所後、当時江戸市中に流行したコレラに罹り、7月18日に死去。43歳(41歳及び42歳説もあり)だった。幕内通算 15場所 62勝28敗12分2預29休の成績を残した。優勝相当成績1回(十両時代の1849年3月場所)。改名歴は3回ある:鷲ヶ嶽→本山→寳川 石五郎。墓は豊島区の南蔵院。また、歌川国貞によって描かれた浮世絵が現存し、江戸東京博物館に収蔵されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3126359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55437989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 寶川 石五郎(たからがわ いしごろう、1816年〈文化13年〉 - 1858年8月26日〈安政5年7月18日〉)は、雷部屋に所属した元力士。大坂相撲時代には朝日山部屋、東京へ移行してからは粂川部屋にも所属していた。本名は佐伯 石五郎。身長,体重とも不明だが、体格は大きく3尺(約90cm)の入り口では常に体を斜めにして入ったと伝わる。出身地は現在の香川県観音寺市(旧・讃岐国豊田郡。最高位は西前頭筆頭。丸亀藩の抱え。最初は4代朝日山(真鸖政吉)の弟子として大坂相撲で取り、その後東上して1840年10月初土俵(序二段附出し)。1848年1月新十両(東二段目10枚目となり十両相当となった)。1849年3月場所では7勝1敗1分の好成績を挙げ、優勝相当成績を挙げた。1850年11月場所に新入幕。1852年1月場所では西前頭7枚目で、7勝2敗1休の優勝同点。1853年7月8日(嘉永6年6月3日)、アメリカ海軍のペリーが浦賀に来航した際には、幕府が与えた200俵の米俵を何と一気に8俵もの米俵を担いで積み込んだというエピソードも残っている。幕内では僅か1場所しか負け越しが無く、しばしば優勝争いに絡み、当時の大関・小柳常吉には3勝を挙げるなど得意にしていた。しかし番付運が非常に悪く、遂に三役以上を経験する事は出来なかった。1858年1月場所後、当時江戸市中に流行したコレラに罹り、7月18日に死去。43歳(41歳及び42歳説もあり)だった。幕内通算 15場所 62勝28敗12分2預29休の成績を残した。優勝相当成績1回(十両時代の1849年3月場所)。改名歴は3回ある:鷲ヶ嶽→本山→寳川 石五郎。墓は豊島区の南蔵院。また、歌川国貞によって描かれた浮世絵が現存し、江戸東京博物館に収蔵されている。
rdfs:label
  • 寶川石五郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of