Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 寛永御前試合(かんえいごぜんじあい)は、江戸時代、寛永9年(1632年)に行なわれたと言われる御前試合である。実際に行われたかは、疑問が多々残る。寛永9年(1632年)9月22日、江戸城内武術御撰広芝(吹上滝見の御茶屋辺であるという)御稽古場(間口5間、奥行10間)において、将軍徳川家光の御前で行われた。寛永15年説もある。上面は大久保彦左衛門、左の方柳生但馬守、右の方小野次郎右衛門などが審判し、手に持つ白采を上下して勝敗を決した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1668090 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52379685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 寛永御前試合(かんえいごぜんじあい)は、江戸時代、寛永9年(1632年)に行なわれたと言われる御前試合である。実際に行われたかは、疑問が多々残る。寛永9年(1632年)9月22日、江戸城内武術御撰広芝(吹上滝見の御茶屋辺であるという)御稽古場(間口5間、奥行10間)において、将軍徳川家光の御前で行われた。寛永15年説もある。上面は大久保彦左衛門、左の方柳生但馬守、右の方小野次郎右衛門などが審判し、手に持つ白采を上下して勝敗を決した。
rdfs:label
  • 寛永御前試合
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of