『富豪刑事』(ふごうけいじ)は、筒井康隆の連作推理小説。1975年から1977年にかけて『小説新潮』に発表された。4篇から構成される連作短編小説。新潮社より1978年に単行本が刊行され、1984年に新潮文庫版が刊行された。挿絵は、イラストレーターの真鍋博が描いている。 主人公は神戸大助(かんべ だいすけ)。現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸大助が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費することで、事件解決へと導く刑事小説。 1979年、エフエム東京『音の本棚』でラジオドラマ化され、1985年には関口シュン作画により漫画化もされた。1995年には筒井康隆の小説を漫画化する企画『筒井漫画涜本』で、いしいひさいちが「大富豪刑事」のタイトルにより「鉄壁のアリバイ」「バラバラ殺人事件」の2編の4コマ漫画を発表した。

Property Value
dbo:abstract
  • 『富豪刑事』(ふごうけいじ)は、筒井康隆の連作推理小説。1975年から1977年にかけて『小説新潮』に発表された。4篇から構成される連作短編小説。新潮社より1978年に単行本が刊行され、1984年に新潮文庫版が刊行された。挿絵は、イラストレーターの真鍋博が描いている。 主人公は神戸大助(かんべ だいすけ)。現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸大助が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費することで、事件解決へと導く刑事小説。 1979年、エフエム東京『音の本棚』でラジオドラマ化され、1985年には関口シュン作画により漫画化もされた。1995年には筒井康隆の小説を漫画化する企画『筒井漫画涜本』で、いしいひさいちが「大富豪刑事」のタイトルにより「鉄壁のアリバイ」「バラバラ殺人事件」の2編の4コマ漫画を発表した。 (ja)
  • 『富豪刑事』(ふごうけいじ)は、筒井康隆の連作推理小説。1975年から1977年にかけて『小説新潮』に発表された。4篇から構成される連作短編小説。新潮社より1978年に単行本が刊行され、1984年に新潮文庫版が刊行された。挿絵は、イラストレーターの真鍋博が描いている。 主人公は神戸大助(かんべ だいすけ)。現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸大助が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費することで、事件解決へと導く刑事小説。 1979年、エフエム東京『音の本棚』でラジオドラマ化され、1985年には関口シュン作画により漫画化もされた。1995年には筒井康隆の小説を漫画化する企画『筒井漫画涜本』で、いしいひさいちが「大富豪刑事」のタイトルにより「鉄壁のアリバイ」「バラバラ殺人事件」の2編の4コマ漫画を発表した。 (ja)
dbo:creator
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 197613 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 27365 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81361288 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:aux
prop-ja:aux2colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:linecolor
  • #00ACA0 (ja)
  • #00ACA0 (ja)
prop-ja:number
  • (ja)
  • 話数 (ja)
  • check-1 (ja)
  • check-10 (ja)
  • check-11 (ja)
  • check-2 (ja)
  • check-3 (ja)
  • check-4 (ja)
  • check-5 (ja)
  • check-6 (ja)
  • check-7 (ja)
  • check-8 (ja)
  • check-9 (ja)
  • (ja)
  • 話数 (ja)
  • check-1 (ja)
  • check-10 (ja)
  • check-11 (ja)
  • check-2 (ja)
  • check-3 (ja)
  • check-4 (ja)
  • check-5 (ja)
  • check-6 (ja)
  • check-7 (ja)
  • check-8 (ja)
  • check-9 (ja)
prop-ja:subtitle
  • A golden key can open any door (ja)
  • All that glitters is not gold (ja)
  • I came, I saw, I sponsored (ja)
  • If money be not thy servant, it will be thy master (ja)
  • Ill got, ill spent (ja)
  • Life shouldn't be printed on dollar bills (ja)
  • Love does much, money does everything (ja)
  • Money burns a hole in the pocket (ja)
  • Money is the root of all evil (ja)
  • Nothing makes a man so adventurous as an empty poket (ja)
  • The sinews of war are infinite money (ja)
  • A golden key can open any door (ja)
  • All that glitters is not gold (ja)
  • I came, I saw, I sponsored (ja)
  • If money be not thy servant, it will be thy master (ja)
  • Ill got, ill spent (ja)
  • Life shouldn't be printed on dollar bills (ja)
  • Love does much, money does everything (ja)
  • Money burns a hole in the pocket (ja)
  • Money is the root of all evil (ja)
  • Nothing makes a man so adventurous as an empty poket (ja)
  • The sinews of war are infinite money (ja)
prop-ja:summary
  • 19 (xsd:integer)
  • 加藤は大使館の事件で被疑者を死なせたことで査問を受ける。ガスカートリッジの謎を追う大助だが、なぜかヒュスクは指示を拒絶する。同じくカートリッジに目をつけた現対本部の長さんは、迷宮入りした事件捜査のため、水尾フィーチャーテクノロジーの幹部・井村和子(声 - 小山茉美)に接触。大助は井村の自動車をハッキングして危険運転で逮捕し、取り調べを始める。しかしヒュスクは大助の命令を拒否し取り調べができない。井村は釈放されるが、長さんは井村の息子の素行不良をばらすと脅しつけ自白させようとする。加藤は反発し、井村は車で帰ろうとするが、車は井村を乗せたまま爆発する。 (ja)
  • ポリアドル共和国のアルバレス大統領(声 - 安元洋貴)が来日し、現対本部も捜査一課の手伝いで大使館の外で警護にあたる。大助は神戸グループ代表として大使館内に招かれ、大統領とダム建設計画について会談。そんな中、大使館内で職員の死体が発見される。大統領と大助たちはパニックルームに避難するが、妨害電波で閉じ込められてしまう。大助はサーブバグを放ち、ヒュスクに監視カメラの記録を追わせる。加藤は大使館から逃げ出した男・リカルド(声 - 小野大輔)を追いかけるが、リカルドはパニックルームの鍵を捨て、ダム建設反対の言葉を残して自殺。パニックルームには時限毒ガス発生装置が仕掛けられていたが、ヒュスクに解除法を聞いても拒否される。だが現対本部は掃除夫の男が無断でパニックルームのスペアキーを作っていたのを見つけ、大統領救出に成功する。 (ja)
  • 加藤はワインスキーの上にコンテナを落として大助を救出。鈴江はドローンで小型ロボを送り込み、大助たちの行動をサポート。二人はASVを無効化した機関室に向かう。アドリウムが作動する機関の冷却装置を止めようとする大助をワインスキーが襲う。加藤は「公務員である前にヒーロー」という言葉に自分を奮い立たせ拳銃で装置のパイプを破壊。再びASVを纏った大助は神戸茂丸を中本・武井殺人の容疑で逮捕しようとするが、茂丸はヒュスクに命令しホバーバイクで逃走。加藤と大助はヘリで茂丸を追跡。彼は満身創痍で神戸の研究所にたどりついていた。 (ja)
  • 非番の日、大助は訳あって屋敷を飛び出す。そこに加藤から呼び出しが入る。大助が執事の軽トラで公園に行くと、加藤は迷子になった犬のシロを探している小学生・野村毅(声 - 鬼頭明里)に泣きつかれたという。だが、大助は屋敷に財布もガジェットも忘れてきた事に気がつく。毅を交番に送り届け、一段落したものの、帰宅したくない大助は、加藤の自宅に泊まる。鈴江は心配のあまり、街中のサイネージで大助にメッセージを送る。翌日、シロを探す毅のもとに大助がシロを連れてあらわれる。実は毅の犬は既に交通事故で死んでおり、毅に渡したのはブリーダーから買ってきた兄弟犬だった。帰宅した大助は鈴江に加藤に教わった納豆ご飯を食べさせる。 (ja)
  • 加藤は神戸邸で大助の祖母・喜久子に挨拶。出張先から帰京した加藤は新幹線で浪人の青年・斎藤優一郎(声 - 村瀬歩)と乗り合わせる。加藤が下車した直後、先頭車両で斎藤が立てこもり事件を起こし、生配信をはじめる。加藤は現場に戻るが、捜査一課の星野は加藤の過去の失敗を理由に追い返す。かけつけた大助とヒュスクは捜査一課がSAT出動を要請し、射殺も辞さないと盗聴する。加藤から彼を死なせたくないと聞いた大助は、自分の車から発煙ミサイルを発射し、加藤と車両に侵入。加藤は斎藤を説得。斎藤は妹にアメリカで手術を受けさせるための金を稼ぐため事件を起こしていた。すると突然車両の外で「横恋慕スターライツ」のライブがはじまり、横イツファンの人質たちは狂喜。大助は手術代を払うと約束し、斎藤を逮捕する。 (ja)
  • 大助は警察とは別に動くと姿を消す。加藤は捜査一課により重要参考人として拘束される。神戸家では、鈴江が侵入者は茂丸と証言するが、喜久子は口を閉ざす。現対本部は捜査一課の監視をくぐり、長さんが犯人にしかけた盗聴器の電波を拾う。星野は加藤が武井に恨みがあったと尋問するが、加藤は武井は恩人と反論。捜査一課は犯人の居場所を特定。鈴江もスマホ懸賞を仕掛けて大浦埠頭と特定。加藤と大助はパナマ船籍の貨物船に乗り込む。大助はASVを身に着け戦うが、装備を無効化され、武器商人フランツ・ワインスキー(声 - 平田広明)に痛めつけられる。 (ja)
  • バディとなった大助と加藤は、路上ライブの芸人コンビをドラッグ所持で連行。入手先としてモデルの伊勢崎翔(声 - 島﨑信長)が浮上。金で解決する大助とそれを嫌う加藤は、それぞれ捜査を開始。加藤は芸能記者の三田彰(声 - 松岡禎丞)の協力で伊勢崎の麻薬取引の情報を掴む。大助は伊勢崎の元に潜入させた鈴江から、権田原組の梅津三樹夫(声 - 高橋良輔)が元締めとの報告で、伊勢崎を泳がせる。加藤は伊勢崎と権田原組のパーティに潜入し、証拠となるスマートフォンを盗むが、大助はパーティ会場のビルを買い取り、ヘリからガス弾を撃ち込み、権田原組丸ごと壊滅させる。 (ja)
  • 大助が刑事になったのは小百合の事件を調べるためだった。武井は神戸邸の地下に拘束され、長さんが事件の黒幕について尋問するが、武井は何かに怯え、答えようとしない。大助はヒュスクに両親のことを聞くが回答を拒否される。鈴江はヒュスクが自分たちの会話や口の動きを読み取り、情報を先回りして消去しているのに気づく。喜久子は大助にアドリウム調査から手を引くよう忠告。長さんの捜査資料を調べた加藤は、大助と両親の写真を解析させ、研究所の場所を特定。大助は加藤と研究所に侵入。加藤にリュック型装備を負わせて監視の目をくぐり、内部を調べる。同じころ神戸邸に不審者が侵入。神戸茂丸の権限でセキュリティを突破した侵入者は、長さんと武井を殺害する。 (ja)
  • 大助と加藤はヘリで研究所へ乗り込み、アドリウムについて調べる。confidential(機密)の書類を手に二人は地下に降りる。たどり着いた先は見慣れた神戸邸。茂丸の正体は変装した服部だった。大助は茶室で喜久子に母親の小百合の死の真相について問いただす。小百合は危険なアドリウムを公表しようと家を出たが喜久子に命じられた服部に刺殺され、それを発見した茂丸は後追い自殺を図っていた。服部は加藤ともみ合いの末倒れる。鈴江は大助から預かったアドリウムの情報を世界の研究機関に送る。アドリウムは神戸家当主が管理すべきと主張する喜久子を大助は逮捕する。2週間後、加藤は捜査一課への異動を拒否。大助は密かに入院させられていた茂丸に会ったあと、以前返上した警察手帳を加藤から渡される。二人は現対本部に席を置いたまま、不正なアドリウム取引犯罪を追って世界を飛び回る。 (ja)
  • 加藤春が所属する現対本部に、アブラー首長国王子が参加する銀座のクラシックカーフェスティバル警備応援の要請が入る。現場では捜査一課が爆破予告犯を追っていたが、加藤は相手にされない。犯人は逮捕されたが、宝石店と間違えてチョコレート店で強盗したカップル(声 - 水島大宙、日笠陽子)が、爆発物を乗せたバンで逃走してしまう。そこへ現対本部に配属された神戸大助が到着。大助は王子の高級車を電子小切手10億で買い取り、ヒュスクの案内でバンを追う。ヒュスクの信号操作でバンは勝鬨橋に追い込まれ、跳開した橋から隅田川に落ちて爆発。翌日、現対本部に大助がやってくるが、加藤は金で事件を解決するやり方に反発する。 (ja)
prop-ja:tablestyle
  • font-size:small (ja)
  • font-size:small (ja)
prop-ja:title
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • 人生は、札束に刷り込むようなものじゃない (ja)
  • 愛は多くを成し得るが、金は全てを成し得る (ja)
  • 宵越しの銭は持たぬ (ja)
  • 悪銭身に付かず (ja)
  • 来た、見た、買った (ja)
  • 輝くものすべて金にあらず (ja)
  • 金で開かない扉はない (ja)
  • 金は戦力なり (ja)
  • 金は諸悪の根源 (ja)
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • 人生は、札束に刷り込むようなものじゃない (ja)
  • 愛は多くを成し得るが、金は全てを成し得る (ja)
  • 宵越しの銭は持たぬ (ja)
  • 悪銭身に付かず (ja)
  • 来た、見た、買った (ja)
  • 輝くものすべて金にあらず (ja)
  • 金で開かない扉はない (ja)
  • 金は戦力なり (ja)
  • 金は諸悪の根源 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:イラスト
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 富豪刑事 (ja)
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
  • 富豪刑事 (ja)
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
prop-ja:メカニックデザイン
  • 寺尾洋之 (ja)
  • 寺尾洋之 (ja)
prop-ja:レーベル
  • 講談社コミックノベルス (ja)
  • 講談社コミックノベルス (ja)
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • 筒井康隆(原作) (ja)
  • 筒井康隆(原作) (ja)
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
  • 筒井康隆 (ja)
  • 筒井康隆 (ja)
prop-ja:巻数
  • 全1巻 (ja)
  • 全1巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:放送終了
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:放送開始
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組
prop-ja:番組名
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
prop-ja:発行日
  • 1978 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:発表期間
  • 1975 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:終了
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:脚本
  • 岸本卓 (ja)
  • 岸本卓 (ja)
prop-ja:著者
prop-ja:製作
  • 神戸財閥 (ja)
  • 神戸財閥 (ja)
prop-ja:話数
  • 全11話 (ja)
  • 全3回 (ja)
  • 全4篇 (ja)
  • 全11話 (ja)
  • 全3回 (ja)
  • 全4篇 (ja)
prop-ja:開始
  • --06-13
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『富豪刑事』(ふごうけいじ)は、筒井康隆の連作推理小説。1975年から1977年にかけて『小説新潮』に発表された。4篇から構成される連作短編小説。新潮社より1978年に単行本が刊行され、1984年に新潮文庫版が刊行された。挿絵は、イラストレーターの真鍋博が描いている。 主人公は神戸大助(かんべ だいすけ)。現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸大助が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費することで、事件解決へと導く刑事小説。 1979年、エフエム東京『音の本棚』でラジオドラマ化され、1985年には関口シュン作画により漫画化もされた。1995年には筒井康隆の小説を漫画化する企画『筒井漫画涜本』で、いしいひさいちが「大富豪刑事」のタイトルにより「鉄壁のアリバイ」「バラバラ殺人事件」の2編の4コマ漫画を発表した。 (ja)
  • 『富豪刑事』(ふごうけいじ)は、筒井康隆の連作推理小説。1975年から1977年にかけて『小説新潮』に発表された。4篇から構成される連作短編小説。新潮社より1978年に単行本が刊行され、1984年に新潮文庫版が刊行された。挿絵は、イラストレーターの真鍋博が描いている。 主人公は神戸大助(かんべ だいすけ)。現役時代は強欲で鳴らした実業家で大富豪の父を持つ刑事・神戸大助が、引退して悔い改めた父から提供された巨万の資産を、難事件の解決に惜しみなく消費することで、事件解決へと導く刑事小説。 1979年、エフエム東京『音の本棚』でラジオドラマ化され、1985年には関口シュン作画により漫画化もされた。1995年には筒井康隆の小説を漫画化する企画『筒井漫画涜本』で、いしいひさいちが「大富豪刑事」のタイトルにより「鉄壁のアリバイ」「バラバラ殺人事件」の2編の4コマ漫画を発表した。 (ja)
rdfs:label
  • 富豪刑事 (ja)
  • 富豪刑事 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 富豪刑事 (ja)
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
  • 富豪刑事 (ja)
  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of