Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 富洲原町(とみすはらちょう)は、かつて三重県に存在した自治体である。朝明郡、のち三重郡所属。現在の四日市市富洲原地区に相当する。朝明郡富田一色村・天ヶ須賀村・松原村を統合し、1字ずつをとって「富洲原」と称した。富田一色・天ヶ須賀・松原の3大字で構成された。大正時代に軽工業が発達、人口が急増して1万人を突破したため、1923年(大正12年)に町制を施行して三重郡富洲原町となるが、1941年(昭和16年)に四日市市に編入され消滅した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2708404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56894367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:よみがな
  • とみすはらちょう
prop-ja:人口
  • 14616 (xsd:integer)
prop-ja:人口の出典
prop-ja:人口の時点
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:区分
prop-ja:廃止日
  • --02-11
prop-ja:廃止理由
  • 編入合併
prop-ja:廃止詳細
  • 四日市市、日永村、常磐村、羽津村、富田町、富洲原町 → 四日市市
prop-ja:所在地
  • 三重郡富洲原町大字富田一色
prop-ja:現在の自治体
prop-ja:自治体名
  • 富洲原町
prop-ja:
prop-ja:都道府県
  • 三重県
prop-ja:隣接自治体
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 富洲原町(とみすはらちょう)は、かつて三重県に存在した自治体である。朝明郡、のち三重郡所属。現在の四日市市富洲原地区に相当する。朝明郡富田一色村・天ヶ須賀村・松原村を統合し、1字ずつをとって「富洲原」と称した。富田一色・天ヶ須賀・松原の3大字で構成された。大正時代に軽工業が発達、人口が急増して1万人を突破したため、1923年(大正12年)に町制を施行して三重郡富洲原町となるが、1941年(昭和16年)に四日市市に編入され消滅した。
rdfs:label
  • 富洲原町
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of