富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。 時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。

Property Value
dbo:abstract
  • 富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。 時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。 (ja)
  • 富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。 時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。 (ja)
dbo:address
  • 群馬県富岡市富岡1番地1 (ja)
  • 群馬県富岡市富岡1番地1 (ja)
dbo:architect
dbo:buildingEndYear
  • 1872-01-01 (xsd:gYear)
dbo:buildingStartYear
  • 1871-01-01 (xsd:gYear)
dbo:maintainedBy
dbo:postalCode
  • 370-2316
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 236070 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 44949 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81473539 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:位置図種類
  • Japan Gunma (ja)
  • Japan Gunma (ja)
prop-ja:備考
prop-ja:名称
  • 富岡製糸場 (ja)
  • 富岡製糸場 (ja)
prop-ja:地図国コード
  • JP (ja)
  • JP (ja)
prop-ja:座標右上表示
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:所在地
  • 群馬県富岡市富岡1番地1 (ja)
  • 群馬県富岡市富岡1番地1 (ja)
prop-ja:所在地郵便番号
  • 370 (xsd:integer)
prop-ja:指定日
  • --07-14
prop-ja:敷地面積
  • 55391.420000 (xsd:double)
prop-ja:文化財指定
prop-ja:旧用途
  • 製糸工場 (ja)
  • 製糸工場 (ja)
prop-ja:用途
  • 見学施設 (ja)
  • 見学施設 (ja)
prop-ja:画像
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 東置繭所 (ja)
  • 東置繭所 (ja)
prop-ja:着工
  • 1871 (xsd:integer)
prop-ja:竣工
  • 1872 (xsd:integer)
prop-ja:管理運営
  • 富岡市 (ja)
  • 富岡市 (ja)
prop-ja:経度分
  • 53 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 138 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:設計者
prop-ja:開館開所
  • --11-04
dct:subject
georss:point
  • 36.25527777777778 138.88777777777779
rdf:type
rdfs:comment
  • 富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。 時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。 (ja)
  • 富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。 時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。 (ja)
rdfs:label
  • 富岡製糸場 (ja)
  • 富岡製糸場 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(138.88777160645 36.255279541016)
geo:lat
  • 36.255280 (xsd:float)
geo:long
  • 138.887772 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 富岡製糸場 (ja)
  • 富岡製糸場 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:画像の説明 of
is foaf:primaryTopic of