Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 富士500マイル(ふじごひゃくまいる)は、1977年から1992年まで毎年富士スピードウェイで開催されていた耐久レース。1977年より富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)の一戦として開催される。富士GC用の2座席スポーツカーからツーリングカーまでが様々なカテゴリーのマシンが混走するスタイルだった。開始当初はFISCOクラブの主催で国内格式だったが、1985年全日本耐久選手権の一戦となり国際格式レースとなった。主催も日産スポーツカークラブ(SCCN)とビクトリーサークルクラブ(VICIC)の共催となり、またそれまで行われなかった予選も行われるようになった。当初は2座席GCマシンの独擅場だったが、1983年からはグループCの時代に突入し、ポルシェが圧倒的強さを誇るようになる。国産グループCカーの初勝利は1990年の日産・R90CP。1984年まではシリーズ最終戦として毎年11月頃の開催だったが、1985年以降は毎年7月の開催となる。夏休みの時期に重なったため、国内レースでは毎年屈指の動員を誇る人気イベントとなった。1993年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)の崩壊、および景気後退で中止。以降は開催されなくなったなお1982年は、9月に台風で延期になったGCとのダブルヘッダーとなったため500kmレースとなり、富士500マイルは開催されていない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1086932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57594930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 富士500マイル(ふじごひゃくまいる)は、1977年から1992年まで毎年富士スピードウェイで開催されていた耐久レース。1977年より富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)の一戦として開催される。富士GC用の2座席スポーツカーからツーリングカーまでが様々なカテゴリーのマシンが混走するスタイルだった。開始当初はFISCOクラブの主催で国内格式だったが、1985年全日本耐久選手権の一戦となり国際格式レースとなった。主催も日産スポーツカークラブ(SCCN)とビクトリーサークルクラブ(VICIC)の共催となり、またそれまで行われなかった予選も行われるようになった。当初は2座席GCマシンの独擅場だったが、1983年からはグループCの時代に突入し、ポルシェが圧倒的強さを誇るようになる。国産グループCカーの初勝利は1990年の日産・R90CP。1984年まではシリーズ最終戦として毎年11月頃の開催だったが、1985年以降は毎年7月の開催となる。夏休みの時期に重なったため、国内レースでは毎年屈指の動員を誇る人気イベントとなった。1993年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)の崩壊、および景気後退で中止。以降は開催されなくなったなお1982年は、9月に台風で延期になったGCとのダブルヘッダーとなったため500kmレースとなり、富士500マイルは開催されていない。
rdfs:label
  • 富士500マイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of