Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 寂天(じゃくてん、梵: Śāntideva, シャーンティデーヴァ、650年-700年頃)とは、南インド出身のインド仏教中観派の僧侶。プトゥンの『仏教史』によると、南インドの王族の出身で、父王の死に際して出家を決意し、ナーランダー大僧院で学んだ。その著作である『入菩提行論』は、インド後期仏教、及びチベット仏教に多大な影響を与えた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2969651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56901864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 寂天(じゃくてん、梵: Śāntideva, シャーンティデーヴァ、650年-700年頃)とは、南インド出身のインド仏教中観派の僧侶。プトゥンの『仏教史』によると、南インドの王族の出身で、父王の死に際して出家を決意し、ナーランダー大僧院で学んだ。その著作である『入菩提行論』は、インド後期仏教、及びチベット仏教に多大な影響を与えた。
rdfs:label
  • 寂天
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of