Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宿屋 光則(やどや みつのり、生没年不詳)は、鎌倉時代中期の武士。北条氏得宗家被官である御内人。父は宿屋行時、通称は左衛門尉・左衛門入道。法名は最信。『吾妻鏡』では、弘長3年11月22日(1263年12月24日)、北条時頼の臨終の際、最後の看病を許された得宗被官7人の中の一人に挙げられる。この時には既に出家していた。光則は日蓮との関わりが深く、文応元年7月16日(1260年8月24日)、日蓮が「立正安国論」を時頼に提出した際、寺社奉行として日蓮の手から時頼に渡す取次ぎを担当している。また、日蓮の書状には文永5年8月21日(1268年9月29日)、10月11日 (1268年11月16日)にも北条時宗への取次ぎを依頼する書状を送るなど、宿屋入道の名前で度々登場している。同8年(1271年)、日蓮が捕縛されると、日朗、日真、四条頼基の身柄を預かり、自身の屋敷の裏山にある土牢に幽閉した。日蓮との関わりのなかで光則はその思想に感化され、日蓮が助命されると深く彼に帰依するようになり、自邸を寄進し、日朗を開山として光則寺を建立した。
dbpedia-owl:alias
  • 通称:左衛門尉、左衛門入道
  • 光則→最信(法名)
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2016306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58259400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
  • 通称:左衛門尉、左衛門入道
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 光則→最信(法名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 不明
prop-ja:氏名
  • 宿屋光則
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:宿屋行時
prop-ja:生誕
  • 不明
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 宿屋 光則(やどや みつのり、生没年不詳)は、鎌倉時代中期の武士。北条氏得宗家被官である御内人。父は宿屋行時、通称は左衛門尉・左衛門入道。法名は最信。『吾妻鏡』では、弘長3年11月22日(1263年12月24日)、北条時頼の臨終の際、最後の看病を許された得宗被官7人の中の一人に挙げられる。この時には既に出家していた。光則は日蓮との関わりが深く、文応元年7月16日(1260年8月24日)、日蓮が「立正安国論」を時頼に提出した際、寺社奉行として日蓮の手から時頼に渡す取次ぎを担当している。また、日蓮の書状には文永5年8月21日(1268年9月29日)、10月11日 (1268年11月16日)にも北条時宗への取次ぎを依頼する書状を送るなど、宿屋入道の名前で度々登場している。同8年(1271年)、日蓮が捕縛されると、日朗、日真、四条頼基の身柄を預かり、自身の屋敷の裏山にある土牢に幽閉した。日蓮との関わりのなかで光則はその思想に感化され、日蓮が助命されると深く彼に帰依するようになり、自邸を寄進し、日朗を開山として光則寺を建立した。
rdfs:label
  • 宿屋光則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 宿屋光則
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of