Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『家族狩り』(かぞくがり)は、天童荒太の同名小説を原作としたTBS制作の日本のテレビドラマ。2014年7月4日から9月5日まで、毎週金曜日22:00 - 22:54に「金曜ドラマ」枠で放送された。全10回。主演は松雪泰子。ドラマ版は文庫改訂版を基に、大石静らによって脚本化され、2014年版のリライトという形でいくつか設定を変えてテレビドラマ化された。東京都内で連続して起きる凄惨な一家心中事件とそれに関わる児童心理司、事件を殺人とみなし彼女を容疑者として追う刑事と、彼女とともに事件に巻き込まれてゆく教師を中心に、それぞれの家族との葛藤や、児童虐待やDVなどの家族問題を描くサスペンスドラマ。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:endingTheme
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:openingTheme
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3050214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58995110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:collapsed
  • yes
prop-ja:edテーマ
prop-ja:extra
  • 橘麻美
  • 林ゆうき
prop-ja:extraColumn
  • 編曲
prop-ja:length
  • 120.0
  • 153.0
  • 214.0
  • 118.0
  • 127.0
  • 151.0
  • 218.0
  • 284.0
  • 205.0
  • 139.0
  • 167.0
  • 121.0
  • 126.0
  • 129.0
  • 141.0
  • 143.0
  • 174.0
  • 186.0
  • 193.0
  • 253.0
  • 369.0
  • 114.0
  • 133.0
prop-ja:music
prop-ja:musicCredits
  • yes
prop-ja:opテーマ
prop-ja:title
  • 狂気
  • 想い
  • 家族狩り
  • 希望の光
  • 衝撃
  • -montage-
  • Bolero for "Kazoku-gari" -BONUS TRACK-
  • Caxixitamb
  • In;saneti
  • Subtheme
  • Subtheme-氷崎游子-
  • やるせなさ
  • 予兆
  • 壊れた家族
  • 安息の時間
  • 支え
  • 深まる謎
  • 混み/狩る
  • 真実と確証
  • 穏やかな日常
  • 重なる波紋
  • 隠れた思い
prop-ja:totalLength
  • 4383.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:データ放送
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
  • 脚本
  • 8.4
  • 8.5
  • 演出
  • 視聴率
  • 10.0
  • 坪井敏雄
  • 5.6
  • 山本剛義
  • 10.5
  • 6.4
  • 6.3
  • 7.6
  • 6.9
  • 泉澤陽子
  • 伊藤雄介
  • 大石静
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト
prop-ja:字幕
  • あり
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • --07-04
  • --07-11
  • --07-18
  • --07-25
  • --08-01
  • --08-08
  • --08-15
  • --08-22
  • --08-29
  • --09-05
prop-ja:放送時間
  • 金曜22:00 - 22:54
prop-ja:放送期間
  • --07-04
prop-ja:放送枠
prop-ja:概要
  • 1 (xsd:integer)
  • 佐和子は綾女を殺そうとするが、彼女から馬見原との関係は佐和子の想像するようなものでなく、彼は息子の研司に死んだ勲男の影を見ているのだと聞かされる。その場で自分自身を傷つけようとする佐和子を綾女は自分が怪我をするのも構わずに止め、立ち去った佐和子は自己嫌悪に苛まれ川に飛び込み自殺未遂を図る。病院に駆けつけた馬見原は冬島親子のことを知った真弓に罵倒される。
  • 後の日、氷崎家は癌手術を終え退院する弓子を迎える。ぎこちないながらも16年ぶりに両親と再会した浚介は約束どおり游子と食事をし、游子は彼にゆっくり家族を開いていけばいいという。その頃ニュースは、都内で一連の殺人と類似する一家心中事件が発生したと報じる。かつての山賀を思わせる電話相談の女が、家族の悩みを聞く声で物語は幕を閉じる。
  • 都内で連続する一家心中事件の現場で、馬見原はそこに共通して漂う甘い香りと、別の薬品のような臭いを感じ取る。馬見原は駒田玲子保護の際の揉めごとで警察に抗議している游子を見かけ、山賀になだめられて立ち去る彼女から現場と同じ臭いを感じる。浚介は亜衣に嘘の証言をされて游子と出会い、亜衣とのトラブルの際に居合わせた渓徳の証言で事実が分かり放免される。後日、浚介は徘徊していた清太郎に声をかけられ、彼が游子の誕生日を祝うための準備を手伝い、祝いの場に同席することになる。しかし游子は浚介の安易な慰めの言葉に反発して外へ出てゆく。掛ける言葉もなく帰宅した浚介は、美歩とともに向かいの麻生家から悲鳴を聞くが二人は放置する。翌日、麻生家では一家が惨殺されており、捜査に入った馬見原は家の息子・達也の遺体を発見するが、その光景をなぜか「美しい」と感じ、また他の一家心中現場と同じ臭いを感じて、一連の事件が外部の犯行であると確信する。
  • 異様な状況の中、亜衣は両親が傷つけられるのを見るのが忍びなく、生きることを諦め山賀たちにすべてを委ねようとするが、浚介、そして游子は必死に亜衣を説得する。大野は苛立ち、親が子を手にかけることの地獄のような苦悩を語る。游子は彼らが我が子を殺したことを悟り、その間違いを指摘するが、山賀は家族を思えばこの方法が正しいと分かるはずだといい、芳沢夫妻に再び刃を向ける。その時連絡を受けていた馬見原と椎村が現場に踏み込む。犯人たちは部屋に火を放ち、馬見原の銃弾を受け重傷を負いながらも逃走する。樹海の入り口で車が発見され、彼らは死を選ぶためにその奥へと消えたと推察されるものの、遺体は見つからない。家宅捜索では山賀たちの家から2つの臭いの正体であるシャンプーと白蟻駆除の薬剤、そして多くの家族を殺害した犯罪の記録と彼らが游子に罪を着せようとしていた証拠が見つかる。
  • 浚介は美歩に発見され命は助かったが、一時的に記憶を失くす。なぜか真っ先に思い出した游子や、渓徳との会話で記憶を次第に取り戻すが美歩のことは完全に忘れており、美歩は游子に対し敵意を露わにする。冬島親子は馬見原の家族への引け目と油井への恐怖からアパートを引き払って逃げるが、油井は彼女らの行き先を探し当てる。一方佐和子は夫の様子や油井が嫌がらせに研司を騙して馬見原家に掛けさせた電話などから、綾女たちの存在を知り心を乱す。児童ケアセンターでは、駒田が彼女に抗議して訴えると言い出し、それに対して謝罪を拒否した游子は職場での地位を危うくする。退院後、記憶の戻った浚介は改めて美歩と話し合い、美歩からの妊娠が狂言だったことの告白を受けた上で、彼女との結婚を受諾する。だがその後、襲撃の被疑者の顔確認を求められた浚介は、記憶のはっきりしない彼を誘導して証言させ逮捕に持ち込もうとする警察の姿勢を拒絶し、家庭内暴力を振るう不登校生徒・実森勇治の母が求めてきた助けを無視できず、担任の美歩の代わりに連絡を取る。勇治が暴れ手を付けられない状態と知った浚介は、游子に助けを求め、二人は実森家へ向かう。同じ頃芳沢家では、亜衣もまた家庭内暴力に走り始める。
  • 実森家に着いた游子はパニックを起こす母親・智代をなだめ、浚介は携帯のメールで勇治とやり取りをし、かつて自分も引きこもり親を恨んでいた経験を伝える。しばらくして勇治から返信が届き、一同は希望を見出す。浚介は游子と自分はいいコンビかもしれないと彼女に語るが、游子は美歩から浚介に近づくなと言われたことが心に引っかかっていた。游子の職場に訪れた山賀は、更新停止を伝えられていた游子の契約を継続させるよう計らい、駒田に就職先の世話を持ちかけトラブルを収拾する。游子は山賀と家族相談イベントで芳沢夫妻に対応するが、夫の孝郎は亜衣を施設などへ厄介払いすることしか考えておらず、相談は山賀が名刺を渡すのみに終わる。游子は山賀の優れた対応や勇治の心を開いた浚介のことを思い出し、自信を失い疎外感を覚え、浚介に対しても距離を置こうとする。その游子を馬見原の下で追う椎村に、上司の藤崎は捜査を止めるよう言い、馬見原の息子が自殺した過去を教えて彼の一家心中事件への執着は自身の家庭崩壊からきた妄想であり、ベテランの彼ならば一連の事件を自作自演することすら可能だとまで語る。馬見原はようやく綾女の行き先を探し当てるが、綾女は油井を自分の手で殺そうとまで思いつめていた。油井は佐和子に再び綾女あての花を届けさせる。夫と冬島親子の写真を見つけた佐和子、油井が来たと誤解する綾女はドアを挟んで互いに刃物を手にする。浚介は勇治に裏DVDを見せてやると早朝の美術室に誘い、二人で和やかな時を過ごすが、そこへ来た美歩と生徒たちは勇治に心ない言葉をかける。傷ついた勇治は暴れ出し、浚介の制止を振り切って美歩に襲いかかる。
  • 勇治は寸前で我に帰ったものの、自宅で再び引きこもり暴れ出す。駆けつけた游子と浚介は、智代に強く拒絶され、游子は自信を失くし別の相談相手として山賀の名刺を渡す。游子は母・民子の健康診断で異常が見つかり、ショックを受けて落ち込む中、態度の軟化した実森夫妻と山賀を交えて話し合うが、父の貞男は家族を愛する気持ちを失っていると語り、智代は自殺を図ろうとする。一方学校では不登校だった亜衣が浚介の行動をネット掲示板で知って心打たれたといい登校を再開するが、直接挨拶を交わした亜衣は浚介に挑発的な態度を取る。
  • 氷崎家に駒田が不法侵入し、游子の家族を殺そうとナイフを向けるが清太郎に撃退され逃走する。警察の調べでは游子が帰るまで密室状態でどこから侵入したのか不明であった。游子は玲子のためにも事を大きくしたくなかったが、殺人未遂事件とあってニュースになる。心配して游子の元に来た浚介は、駒田が逮捕される前に見つけ出し自首を勧めたい彼女のため、渓徳に頼み目撃情報を探す。しかし駒田の職場だった大野のもとへ相談に行った時、二人のもとに駒田が自殺して発見されたと連絡が入る。游子はその遺書を読み、駒田が何者かに殺されたことを示す内容と気付く。また浚介は、亜衣からメールを受け芳沢家に行くものの、山賀を呼んでいた希久子に門前払いされる。芳沢家は家族のいがみ合いが頂点に達し、山賀は白蟻被害の消毒とともに家族を「生まれ変わらせる」と告げる。馬見原は研司が油井にさらわれた上、階段から転落させられ重傷を負ったと綾女から連絡を受け、彼女のもとに走る。油井から電話を受け一対一の対決に臨む馬見原は、彼の罠にかかり暴力団員の長峰を殺した容疑で逮捕され、警視庁内部からも陥れられたことを知る。油井に呼び出された綾女は彼を殺そうとするが反撃される。そこへ椎村が来て綾女を助けるが、油井は銃で反撃し彼を殺そうとする。しかし綾女は隙を衝いて油井をナイフで刺す。その夜、氷崎家で浚介と話し合っていた游子は、白蟻検査から大野に疑問を持ち、一人で事務所を再訪する。大野は不在で、游子は諦めその場で山賀と共同で輸入しているシャンプーを頼むため彼女に携帯電話をかけるが、その電話の着信音が大野の家の奥から響くことに気付く。游子は大野の事務所に隣接する家が山賀の相談室であることを知る。
  • 浚介は警察に事件が心中ではなく殺人だと訴えていたところを突然馬見原に取り押さえられ、任意同行を求められる。馬見原は浚介の頭に残る游子のシャンプーの香りが今までの現場に漂っていたものと同じであり、游子を一連の一家殺人の犯人として疑っていることを浚介に明かす。事件を受け、浚介の学校は職員・生徒全員に取材拒否と、実森家の葬儀への出席禁止を通達するが、浚介は責任逃れの姿勢に反感を覚える。実森家に献花に訪れた浚介は、亜衣が禁止を破って献花に訪れ、興味本位の取材をするマスコミを痛罵するのを見て、同じようにカメラの前でマスコミに怒りをぶつけ、学校から謹慎処分を受ける。一方、氷崎家では大野が駆除の見積りを伝えに来る。家族への諦めの気持ちに苛まれる游子は、大野の仕事への誇りにあふれる言葉と、民子の家族に尽くそうとする前向きな姿勢に励まされて駆除を依頼することにし、民子に言えずにいた病の疑いの件をようやく伝える。浚介の謹慎を知って部屋に訪れた渓徳は、游子への疑念を語る彼に、妻子との関係の悩みなどを彼なりに語り、正面からぶつかるべきだと励ます。浚介は游子と会い、一連の家族たちを殺したのかと問い詰めるが、游子はそれを認める。しかしその内容は、游子が担当家庭を救えず一家心中に至ってしまったことを「殺したのと同じ」と考えているというもので、殺人を意味するものではないと悟った浚介は、游子は犯人でないと確信し、彼女を信じると伝える。二人は游子が実森家で智代を発見したときまだ生きており、苦しみから解放されたと言って息を引き取ったこと、勇治にもっとおいしいものを食べさせて生きることの素晴らしさを教えてやりたかったことなどを語り合う。游子はたとえ苦しくても生きることを諦めてはならないと心に誓う。
  • 大田区大森、北区赤羽の光島家、世田谷区代沢西の麻生家と、連続した事件を馬見原は他殺と主張し、捜査陣に黙殺される中、游子を疑い、椎村とともに裏付けを探す。この捜査上で浚介は馬見原の聞き込みを受ける。游子は駒田と面会しケアを進める中、彼が玲子を虐待する動画を何者かがネットにアップロードしたため、勤務先に抗議が殺到し解雇されたことを知り自分の行動が不適切だったと苦悩する。氷崎家では母の民子が清太郎の施設入りを提案し、一時正気に戻った清太郎は妻と娘に自由に生きてくれることを望むと告げる。馬見原は佐和子の退院を前に、冬島親子との最後の思い出と決意して旅行に出かける。退院の日、馬見原は綾女の元夫・油井の出所を知る。以前と性格の一変した佐和子は、新しい家族の関係を模索する自分の気持ちを馬見原にぶつける。椎村は捜査により、被害家族それぞれの携帯電話のアドレス帳に游子名義の電話番号があることを知る。
  • 游子が家を空ける中、氷崎家にはシロアリ駆除業者の大野甲太郎と、彼に弟子入りした駒田が検査に訪れる。浚介は再び勇治とメールをやり取りし、敗北感に苛まれる彼の気持ちを受け止めて励まし、しばらくして少し前向きな内容の返信を受け取る。浚介は喜び、游子に会おうと氷崎家を訪れるが不在で、他の家族や渓徳夫妻と団欒を楽しむうちに髪と服を汚し、游子のシャンプーを借りて髪を洗う。その後、自宅で寝ていた浚介は、真夜中に勇治が留守電に「さようなら」の一言を残していることに気付く。浚介は早朝の実森家へ走り、夫妻が1階で椅子に縛られて殺害され、2階では勇治が遺書のようなメモを残しナイフで胸を刺して死んでいるのを見つける。嘆き悲しむ浚介は、階下の物音に気付き降りると、游子が夫妻の遺体を動かし、彼らの血にまみれた顔を拭き清めているのを発見する。
  • 出所した油井は真弓の花屋に現れ、手伝いをする佐和子に対し綾女あての花束を届けるよう依頼する。何も知らない佐和子は綾女の家に配達に出かけ、対面した綾女は油井が差し向けたことを知り怯える。事件の捜査は進み、被害家族が同じ家族相談イベントに参加して游子と接点を持ったことが分かる。民子は業者に言われるまま家を売って手に入れた施設入りの金を振り込むが、清太郎の迎えが来ず、1千万円もの詐欺被害を受けたと知る。茫然とする母娘は互いを責めて言い争い、游子は家を出てゆく。浚介は家庭を持つことへの嫌悪から美歩との話し合いが進まず、業を煮やした美歩は実家から両親を呼び寄せ強引に挨拶させようとする。我慢の限界に達した浚介は両親の前で美歩と結婚する気はないと宣言し、部屋から出てゆく。街をさまよう游子と浚介は偶然会い、それぞれのことを話すうちに、浚介は游子を激励し前向きな気持ちを取り戻させる。游子は自宅を借家として引き続き住めるように交渉し、浚介は改めて美歩と話し合う決意をする。しかし帰り道で、浚介はホームレスに火を付けて襲う少年グループに遭遇し、被害者を助けようとして自分も襲われてしまう。一方馬見原は、油井が冬島親子および佐和子に接触したことを知る。
  • 大野と山賀の家が内部で繋がっていることを知った游子は彼らに監禁される。游子は山賀の話を聞き、彼らが「同志」であることと、これまでに末期状態に陥った家族たち、および駒田を、救うために「送ってさしあげて」いる、つまり殺していることを知る。綾女に刺された油井は、椎村に藤崎が暴力団とつながりを持ちその罪を馬見原になすりつけたことを示す資料を渡し、綾女を罪に問わないよう頼む。そして馬見原に父親の愛情を注がれる研司を羨ましく思っていたことを告白して息絶える。浚介は帰って来ない游子を心配する一方、亜衣からメールを受け取るがやり取りは途絶える。亜衣の行動で仕事上の破滅に追いやられた父・孝郎が娘を殺そうと襲いかかったとき、芳沢家に第三者が侵入する。浚介は渓徳に游子のシャンプーを輸入した人物を探させ、捜査に復帰した馬見原に捜索を頼む。游子を犯人とする見立てにこだわっていた馬見原だが、浚介の必死の頼みに心を動かされ、椎村とともに彼女の行方を追う。シャンプーの輸入者が山賀であると判明し、渓徳とともにその家を訪ねた浚介は、中にある祭壇に、これまで殺された家族の名を書いた大量の折鶴と芳沢一家の名を書いた犯行計画の手紙が供えられているのを見つける。亜衣たちが危ないと気付いた浚介は芳沢家に走るが、大野に捕らえられ、同家の家族たちや游子とともにリビングに拘束される。そして大野たちは、亜衣の見つめる前で両親を刃物でいたぶり始める。
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
  • 坪井敏雄
  • 山本剛義
  • 伊藤雄介
prop-ja:番組名
  • 家族狩り
  • (2014.7.4 - 9.5)
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 最終話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 話数
prop-ja:音声
  • ステレオ放送
prop-ja:題名
  • 天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化
  • サブタイトル(ラテ欄)
  • 最期の声
  • 殺しの香り、殺しの祈り
  • 犯人の罠
  • 真犯人!
  • 約束を
  • 葬送の儀
  • 親を棄てられますか?
  • 踏み出す勇気
  • 闇を破る
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『家族狩り』(かぞくがり)は、天童荒太の同名小説を原作としたTBS制作の日本のテレビドラマ。2014年7月4日から9月5日まで、毎週金曜日22:00 - 22:54に「金曜ドラマ」枠で放送された。全10回。主演は松雪泰子。ドラマ版は文庫改訂版を基に、大石静らによって脚本化され、2014年版のリライトという形でいくつか設定を変えてテレビドラマ化された。東京都内で連続して起きる凄惨な一家心中事件とそれに関わる児童心理司、事件を殺人とみなし彼女を容疑者として追う刑事と、彼女とともに事件に巻き込まれてゆく教師を中心に、それぞれの家族との葛藤や、児童虐待やDVなどの家族問題を描くサスペンスドラマ。
rdfs:label
  • 家族狩り (テレビドラマ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 家族狩り
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of