Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 家庭内労働者(かていないろうどうしゃ)とは、雇用主の家庭で働く労働者のこと。家庭内使用人、または単に「使用人」と一般には呼ばれている。一方、「使用者」は雇い主のことを指す。大きな家庭において、多くの家庭内労働者が、しばしば複雑な社会階層の一部として、それぞれ役割の異なった仕事を担当している。この種の社会的な取り決めが先進諸国でほとんど時代遅れなのに対して、低開発国では収入を得るために役立つ社会的役割を果たしている。このような複雑な階層構造が、階級制度、カースト制度のなかから発生した場合、階層の境界線が恒久化され社会的機動性が制限されていく。執事(バトラー)は上位の家庭内使用人で、伝統的に家庭のワインの管理と他の使用人の管理をおこなう。女性の使用人は、女中またはメイドと呼ばれる。男性の場合ハウスボーイと呼ばれることもある。家庭内労働者は、料理、アイロンがけ、洗濯、掃除、食料雑貨の買い物、飼い犬の散歩、子供たちの世話、乳母といった典型的な家庭内の雑用をおこなう。いくつかの国では、メイドは、看護婦のかわりとして高齢者や身体の不自由な人の世話をしている。メイドは、1日に少なくとも15時間は働くことがしばしばある。こうした、世界的に劣悪な労働条件を余儀なくされている家庭内労働者の権利の救済のために国際労働機関は2011年6月に『家事労働者のディーセント・ワークに関する条約』(家事労働者条約、第189号)を採択した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 371592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58615639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 家庭内労働者(かていないろうどうしゃ)とは、雇用主の家庭で働く労働者のこと。家庭内使用人、または単に「使用人」と一般には呼ばれている。一方、「使用者」は雇い主のことを指す。大きな家庭において、多くの家庭内労働者が、しばしば複雑な社会階層の一部として、それぞれ役割の異なった仕事を担当している。この種の社会的な取り決めが先進諸国でほとんど時代遅れなのに対して、低開発国では収入を得るために役立つ社会的役割を果たしている。このような複雑な階層構造が、階級制度、カースト制度のなかから発生した場合、階層の境界線が恒久化され社会的機動性が制限されていく。執事(バトラー)は上位の家庭内使用人で、伝統的に家庭のワインの管理と他の使用人の管理をおこなう。女性の使用人は、女中またはメイドと呼ばれる。男性の場合ハウスボーイと呼ばれることもある。家庭内労働者は、料理、アイロンがけ、洗濯、掃除、食料雑貨の買い物、飼い犬の散歩、子供たちの世話、乳母といった典型的な家庭内の雑用をおこなう。いくつかの国では、メイドは、看護婦のかわりとして高齢者や身体の不自由な人の世話をしている。メイドは、1日に少なくとも15時間は働くことがしばしばある。こうした、世界的に劣悪な労働条件を余儀なくされている家庭内労働者の権利の救済のために国際労働機関は2011年6月に『家事労働者のディーセント・ワークに関する条約』(家事労働者条約、第189号)を採択した。
rdfs:label
  • 家庭内労働者
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of