Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮嶋資夫(みやじま すけお、1886年8月1日-1951年2月19日)は、小説家、僧侶。初期プロレタリア文学としての大正労働文学の担い手であった。東京出身。本名は信泰。小学校高等科卒。職を転々とし、大杉栄、荒畑寒村らを知ってアナーキストとなる。1915年『近代思想』発行人となる。1916年初の小説「坑夫」を発表するが発禁処分となる。1930年思想的悩みから出家、法名は蓬州。弟に宮島啓夫。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2969907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51510558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮嶋資夫(みやじま すけお、1886年8月1日-1951年2月19日)は、小説家、僧侶。初期プロレタリア文学としての大正労働文学の担い手であった。東京出身。本名は信泰。小学校高等科卒。職を転々とし、大杉栄、荒畑寒村らを知ってアナーキストとなる。1915年『近代思想』発行人となる。1916年初の小説「坑夫」を発表するが発禁処分となる。1930年思想的悩みから出家、法名は蓬州。弟に宮島啓夫。
rdfs:label
  • 宮嶋資夫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:著名な家族 of
is foaf:primaryTopic of