Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮島 誠一郎(みやじま せいいちろう、天保9年7月6日(1838年8月25日) - 明治44年(1911年)3月15日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて活躍した官僚・政治家。元米沢藩士。幼名は熊蔵。諱は吉久。号は栗香、養香堂など。幕末に締結された奥羽越列藩同盟交渉時に中心的な役割を果たしたほか、明治維新後は自由民権運動に先駆けていち早く憲法制定・議会開設の建白を行い、また後にアジア主義団体「興亜会」設立に関わった。その膨大な日記・記録類は現在でも貴重な史料となっている。子に書家・中国語研究で知られる宮島大八(詠士)がおり、小森沢長政は弟である。※本文中、明治5年12月2日以前の日付は旧暦(寛政暦および天保暦)、それ以降はグレゴリオ暦で記載している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1941188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58607134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮島 誠一郎(みやじま せいいちろう、天保9年7月6日(1838年8月25日) - 明治44年(1911年)3月15日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて活躍した官僚・政治家。元米沢藩士。幼名は熊蔵。諱は吉久。号は栗香、養香堂など。幕末に締結された奥羽越列藩同盟交渉時に中心的な役割を果たしたほか、明治維新後は自由民権運動に先駆けていち早く憲法制定・議会開設の建白を行い、また後にアジア主義団体「興亜会」設立に関わった。その膨大な日記・記録類は現在でも貴重な史料となっている。子に書家・中国語研究で知られる宮島大八(詠士)がおり、小森沢長政は弟である。※本文中、明治5年12月2日以前の日付は旧暦(寛政暦および天保暦)、それ以降はグレゴリオ暦で記載している。
rdfs:label
  • 宮島誠一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of