Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮将軍(みやしょうぐん)は、鎌倉時代に征夷大将軍に任じられた4人の親王をまとめて指す用語。皇族将軍・親王将軍とも称される。血筋の近い皇族から選ばれたため、鎌倉宮家(かまくらのみやけ)と記される場合もある。就任順に宗尊親王、惟康親王、久明親王、守邦親王の4人を指す。なお、建武の新政期に後醍醐天皇より任じられた護良親王、成良親王も宮将軍に含めることがある。しかし、上記の4人は鎌倉政権の形式上の長で実権を持たないのに対し、彼らは鎌倉幕府崩壊後の南朝を主導する実権を持ち、武家政権の傀儡の性質を持たないことから意味が異なる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 218175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57383259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮将軍(みやしょうぐん)は、鎌倉時代に征夷大将軍に任じられた4人の親王をまとめて指す用語。皇族将軍・親王将軍とも称される。血筋の近い皇族から選ばれたため、鎌倉宮家(かまくらのみやけ)と記される場合もある。就任順に宗尊親王、惟康親王、久明親王、守邦親王の4人を指す。なお、建武の新政期に後醍醐天皇より任じられた護良親王、成良親王も宮将軍に含めることがある。しかし、上記の4人は鎌倉政権の形式上の長で実権を持たないのに対し、彼らは鎌倉幕府崩壊後の南朝を主導する実権を持ち、武家政権の傀儡の性質を持たないことから意味が異なる。
rdfs:label
  • 宮将軍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of