Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮坂 静生(みやさか しずお、1937年11月4日 - )は、長野県出身の俳人、国文学者。本名、敏夫。長野県千曲市生まれ、松本市育ち。信州大学で近世文学を専攻。卒業後、同大学医学部保健学科助教授、教授を経て2001年定年退官、名誉教授。大学では近世および近現代国文学、日本人の死生観等を専門とした。俳句は14歳から始め、18歳から「若葉」に投句、富安風生、加倉井秋をに師事。1962年、「龍膽」編集長となり同誌を小諸から発行。1968年、藤田湘子に会い「鷹」に入会、翌年に無鑑査同人となる(1995年に退会)。1978年俳誌「岳」(たけ)を創刊、主宰。風土詠を得意としており、風土を概念的に捉えるのではなく、原始感覚・からだ感覚をもって「地貌」(その土地のもつ荒々しい表情)を捉えることを提唱。標準語化された季語体系に疑問を抱き、信州をはじめとする全国各地の特徴的な「地貌季語」を蒐集している。1995年、第45回現代俳句協会賞、2001年、第1回山本健吉文学賞、2006年、『語りかける季語 ゆるやかな日本』で第58回読売文学賞(随筆・紀行賞)、2012年『雛土蔵』で第11回俳句四季大賞受賞。同年、現代俳句協会会長に就任。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2788266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57990837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮坂 静生(みやさか しずお、1937年11月4日 - )は、長野県出身の俳人、国文学者。本名、敏夫。長野県千曲市生まれ、松本市育ち。信州大学で近世文学を専攻。卒業後、同大学医学部保健学科助教授、教授を経て2001年定年退官、名誉教授。大学では近世および近現代国文学、日本人の死生観等を専門とした。俳句は14歳から始め、18歳から「若葉」に投句、富安風生、加倉井秋をに師事。1962年、「龍膽」編集長となり同誌を小諸から発行。1968年、藤田湘子に会い「鷹」に入会、翌年に無鑑査同人となる(1995年に退会)。1978年俳誌「岳」(たけ)を創刊、主宰。風土詠を得意としており、風土を概念的に捉えるのではなく、原始感覚・からだ感覚をもって「地貌」(その土地のもつ荒々しい表情)を捉えることを提唱。標準語化された季語体系に疑問を抱き、信州をはじめとする全国各地の特徴的な「地貌季語」を蒐集している。1995年、第45回現代俳句協会賞、2001年、第1回山本健吉文学賞、2006年、『語りかける季語 ゆるやかな日本』で第58回読売文学賞(随筆・紀行賞)、2012年『雛土蔵』で第11回俳句四季大賞受賞。同年、現代俳句協会会長に就任。
rdfs:label
  • 宮坂静生
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of