Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宮原村(みやはら-むら)は、日本の近代から現代前期にあたる明治中期から昭和中期までの間、埼玉県北足立郡に存在した村である。その前身の中心的一集落であった加茂宮村は、中山道六十九次を描いた名所絵(浮世絵風景画)組物『木曽街道六十九次』のうちの1図「上尾宿 加茂之社」に描かれている(詳しくは「#関連項目」、および、別項「上尾宿」を参照のこと)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59038320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コード
  • 当時存在せず
prop-ja:シンボル名
  • その他のシンボル
prop-ja:区分
prop-ja:外部リンク
  • 当時村ホームページは存在せず
prop-ja:廃止日
  • --11-03
prop-ja:廃止理由
  • 新設合併
prop-ja:廃止詳細
prop-ja:現在の自治体
prop-ja:自治体名
  • 宮原村
prop-ja:
prop-ja:都道府県
  • 埼玉県
prop-ja:隣接自治体
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宮原村(みやはら-むら)は、日本の近代から現代前期にあたる明治中期から昭和中期までの間、埼玉県北足立郡に存在した村である。その前身の中心的一集落であった加茂宮村は、中山道六十九次を描いた名所絵(浮世絵風景画)組物『木曽街道六十九次』のうちの1図「上尾宿 加茂之社」に描かれている(詳しくは「#関連項目」、および、別項「上尾宿」を参照のこと)。
rdfs:label
  • 宮原村 (埼玉県)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:廃止詳細 of
is prop-ja:隣接自治体 of
is foaf:primaryTopic of